ファッション

【最終回】ZOZO610(武藤貴宣)の喜び溢れるファッション人生^_^ Vol.19「ファッションチアリーダー」に就任しました

有料会員限定記事

 座右の銘は「泣かぬなら 笑わせてみせよう ホトトギス」。ZOZOTOWN立ち上げメンバーで、「ファッションチアリーダー」に就任した武藤貴宣氏が、ファッションへの愛と明るい未来について、ゆるく語ります。

前回から続く)
 2月に「ファッションチアリーダー」に就任しました。

 言ってみれば、2019年9月12日に前澤(友作)さんがZOZOを辞めて以来、僕はずっと前澤ロスだったんです。これまでお話ししたとおり、前澤さんは「俺では限界だ」というのも見えていたと思いましたし、実際よくそれで退任を決断したと感心しました。同時に僕のような古参に対するメッセージとして、「おまえらはこれからどうするんだ」的なものも感じました。

 じゃあ、自分はどうやって生きていくべきだろうだろうか。武田邦彦先生も対談でおっしゃっていましたが、「このままのほほんとゴルフやって、調子よく生きていくのもいいけど、本当にそれでいいの?」というのを、突きつけられている気がして。この2年余り、前澤ロスとともに答えを探す中で、「ファッションチアリーダー」という答えにたどり着いたんです。

 僕は本当にファッションが好きで、ファッションに生かされていると思っています。運も当然あっただろうし、育ってきた環境もあったと思いますが、ファッションに携わってきたおかげで、人生が豊かになりました。ある意味、ファッションで得をしてきた人間です。武田先生もおっしゃっていましたが、一般的には、ファッションって特殊なもの、見た目がしゅっとした、日本人口の1割だけのもの、みたいに思われているのかもしれません。でも、僕はファッションが嫌いな人はいないと思っていて。おいしいものが嫌いな人、いないじゃないですか。それと一緒です。

この続きを読むには…
残り1126⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら