ファッション

ZOZOに「ファッションチアリーダー」誕生 初期メンバーの武藤貴宣が業界を応援

 ZOZOの武藤貴宣EC事業本部 管掌執行役員は、2月1日付で「ファッションチアリーダー」に就任する。ZOZOやZOZOTOWN 事業にとどまらず、ファッション業界を応援すべく活動する。

 ZOZOTOWN立ち上げメンバーの同氏は、ZOZO最古参だ。入社20年目の節目で、新たな挑戦の扉を開く。「『ファッションチアリーダー』という珍しい肩書きについて、ふざけたネーミングだと思われる方もいるかもしれませんが、この肩書きはこれまでも、そしてこれからもファッションに人生を捧げて生きたいと願う私がたどり着いた一つの答えだと思います」と武藤執行役員。「ファッションに生かされて、育てられてきた」と自らを振り返り、「私の経験やノウハウを必要としてくださる方々からのご相談、ご依頼に対して全力で取り組んでいければと思っています」とコメントする。

 同氏は2002年にスタートトゥデイ(現ZOZO)に入社。主にアパレル企業の新規営業を担当し、07年に取締役に就任、19年から現職。ZOZOの屋台骨であるEC事業本部を率いてきた。現在、「喜び溢れるファッション人生^_^」で来し方とファッションへの愛、未来について連載中。

 この就任に伴い、現職は退任する。ZOZOは昨年12月1日付でクリスティン・エドマン前ジバンシィ ジャパン プレジデント&CEOを執行役員に起用している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら