ビジネス

【追記】ZOZOの伊藤取締役COOが退任、再生エネルギー事業を起業へ

【追記】
 伊藤正裕取締役COOは退任後、再生エネルギー関連の事業を起業する。

 ファッション通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOは19日、伊藤正裕取締役COOが退任すると発表した。6月25日に開催予定の株主総会を経て正式に決定する。伊藤氏に代わって、第一勧業銀行(現みずほ銀行)出身で、EC事業本部長の廣瀬文慎・執行役員が昇格する予定。

 伊藤氏は伊藤ハム創業家出身ながら、2000年に17歳で電子雑誌ストアを運営するヤッパを創業。その後、14年に前澤友作氏率いるスタートトゥデイ(現ZOZO)がヤッパを買収すると、15年12月にはスタートトゥデイと旧ヤッパのエンジニアのチームで構成するスタートトゥデイ工務店(現ZOZOテクノロジーズ)を発足し、社長に就任。以来、ZOZOのテクノロジー部門を率いてきた。何かと話題を振りまいた身体計測ボディスーツ「ZOZOスーツ」やプライベートブランド「ZOZO」の生産、自宅で足のサイズを計測できる「ZOZOシューズ」、肌計測の「ZOZOグラス」、今年3月の「ゾゾタウン」の大幅リニューアルなど、主要なプロジェクトをテクノロジー面からリードしてきたキーパーソンの一人。創業者である前澤氏の突然の退任の後は、19年9月から取締役COOに昇格し、澤田宏太郎社長兼CEO、柳澤孝旨副社長兼CFOも含めた“3頭体制”の一人としてZOZOを率いてきた。

 ZOZOは退任理由について「任期満了のため」とし、「2月ごろに申し出があった」という以外の詳細は明らかにしていない。退任後もアドバイザリーとして業務委託契約を締結する予定で、一部の業務には関わると見られる。

 後任の廣瀬氏は1977年8月17日生まれ。第一勧銀(現みずほ銀行)、日興コーディアル証券(現SMBC日興証券)をへて、07年5月に内部監査室長としてZOZOに入社。EC事業本部長(現任)やMSP事業本部執行役員などを経て、21年2月からは執行役員カテゴリ推進本部を管掌していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら