ビューティ

2040年の宇宙美容プロジェクトが始まる【今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週は、宇宙で使う化粧品にまつわるイノベーションの話。(この記事はWWDジャパン2022年4月4日号からの抜粋です)

【賢者が選んだ注目ニュース】
宇宙技術を用いた宇宙飛行士携帯仕様コスメ「フェイスピース」
「オメガ」×「スウォッチ」の初コラボ 価格は3万3550円

 「ちょっと宇宙旅行へ行ってくる」。地上から400km離れたISS(国際宇宙ステーション)に一般人が滞在できるようになるのも、そう遠いことではなさそうだ(国際情勢による遅れは否めなくなるかもしれないが)。そこでいかに快適な生活が送れるのか。JAXA THINK SPACE LIFEで活動する一般社団法人宇宙美容機構(SCO)などが中心になり、衣食住カテゴリーの中の美容という観点での課題解決のために企業がさまざまなプロジェクトに参加しようとしている。

 宇宙旅行の間、そして月面での生活は、ある意味、「極限的な状況」だ。水が貴重なため、お風呂やシャワーは使えない。洗顔や洗髪、歯磨きなどは超節水で行う。ゴミ収集はもちろんないので、尿ですらろ過して再利用するという可能な限りのリサイクル、リユースの仕組みが必要になってくる。生命維持に必要な機器に影響を及ぼしてしまうパウダー(無重力状態では飛散してしまうため)や、揮発水溶性成分のエタノールなどの使用には厳しい制限がある。

 また、月面のように1/6の重力もしくは無重力状態を経験することにもなり、この状態は肌や身体に老化プロセスを与えることになるだろう。

 一方で想像するに、宇宙空間の景色を楽しみ、地球を俯瞰して眺める価値や経験は得がたいものだろう。地政学的危機が懸念されるいま、宇宙の中での地球の在り方といったさらに俯瞰的なものの見方ができそうで、その価値の大きさは理解できる。

この続きを読むには…
残り1135⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。