ビューティ

日本企業はわずか8社、国際認証取得のメリットとは?【今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。 今週は、Bコープ認証など国際基準の認証にまつわる話。

【賢者が選んだ注目ニュース】
Bコープ認証を得たビューティ企業が連合を結成
「イエナ」が初のコスメセレクトブランドをスタート

 米国拠点のNPO、B Labが2006年に発足した「Bコーポレーション(以下、Bコープ)認証」が世界で広がっている。Bコープ認証は、社会や環境への配慮、透明性、説明責任、持続可能性において企業のパフォーマンスを評価した国際的な認証制度で、世界78カ国・4787社が取得(22年3月17日時点)。Bコープ認証の取得はハードルが高いものの、欧米のグローバル企業に加え、最近では中国や韓国といったアジア圏でも認証を取得する企業が増えている。

 化粧品や女性のライフスタイルに関わる消費財を取り扱う企業の取得も目立つが、直近では、Bコープ認証を得た36社のビューティ企業が、Bコープビューティ連合(以下、Bビューティ)を結成したことも話題となった。Bビューティは、加盟企業同士のコラボレーションや情報共有を目的とし、共に環境・社会問題の解決に向けて取り組むとしている。そもそも、なぜ世界ではBコープ認証への注目が高いのか。それは公益性のある企業と認められることのほかに、さまざまなメリットがあるからだ。

Bコープ認証の取得でビジネスチャンスが生まれる

この続きを読むには…
残り1352⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら