ビューティ

博多阪急、デジタル発信で20〜30代の囲い込みに本腰

有料会員限定記事

 博多阪急1階化粧品売り場の2021年12月〜22年2月は、前年同期比15%増で着地した。1月中旬以降は新型コロナウイルスの感染状況悪化で客数が減少したものの、12月のクリスマス商戦が同約20%増と健闘。業績を押し上げた。出張や旅行など広域からの来客の減少でJR博多駅直結のターミナル型百貨店としての強みが薄まる中、足元商圏の若年層の取り込みなどに注力。SNS発信によるタッチポイントも強化している。

 12月単月では「シロ」が同店の化粧品売り場における過去最高の売り上げを記録した。“サボン オードパルファン”(税込4055円)をはじめとした比較的値ごろなフレグランスなどがギフトニーズをとらえた。「商品によっては前年の1.5倍程度の売り上げを記録したものもある」(南光祈=博多阪急 服飾品営業部 ビューティー・リラクシングマネージャー)。

 1月中旬以降は新型コロナ感染拡大の影響で館全体の集客が大きく低下するも、「ディオール」「シャネル」といったラグジュアリーブランドの好調は継続した。「他の売り場が集客に苦戦する中でも(入場を待機する)列が途切れなかった」。一方、国産のスキンケアブランドは低調だった。「お客さまがしっかり下調べをして来店する『目的買い』、しっかり美容部員のカウンセリングを受けて購入したいという『納得買い』の傾向はますます強まっている」。付加価値のある商品提案・発信ができているかどうかで、優勝劣敗のコントラストがはっきりしている。

この続きを読むには…
残り731⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら