ファッション

「テラスモール湘南」は歩くだけで楽しい施設 MDと接客に付加価値が欲しい 連載「ミステリーショッパーが行く!」

有料会員限定記事

 百貨店からショッピングセンター、個店、ECまで、さまざまなショップを覆面調査員がリポートする連載「ミステリーショッパーが行く!」。今回は、住商アーバン開発が運営する「テラスモール湘南」を調査。約280店舗が入る湘南最大の商業施設で、通路を挟み南北にショップが連なる4層構造のメイン施設と、路面店が並ぶサブ施設で構成する。2021年に開業10周年を迎えた。

■今回の担当調査員
加賀美勉(55)
PROFILE:百貨店やコンサルティング会社を経て、現在は商業関連メーカーで販促プロモーションの開発にいそしむ。自称“プロの消費者”として百貨店をウオッチし続ける。革靴とワインを語り始めると止まらない。調査歴17年

高瀬浩子(45)
PROFILE:百貨店でインポートブランドの販売、広報を経験後、インテリアパーツの輸入・販売代理店に勤務。出産を経験し、今は実務翻訳家として活動。買い物は、マッサージを超えた究極の癒し!と公言。調査歴17年

調査日時:加賀美調査員2021年11月16日(火)14:00~晴れ 18℃ 高瀬調査員2021年11月14日(日)14:00~晴れ 19.6℃
ILUUSTRATION:ERI KOJIMA

【環境・施設】

高瀬:立地はJR辻堂駅の目の前。駅からデッキでつながりアクセスも良好です。

加賀美:大きな建物1棟と「湘南ヴィレッジ」という路面型区画の2部構成。この「湘南ヴィレッジ」こそ、他のSCとの大きな違いだと感じます。

高瀬:同感です!「湘南ヴィレッジ」は「ロンハーマン」や「イータリー」「ディーンアンドデルーカ」など6つの路面店で構成。どこもクリーンで開放的だし、テラス席もぜいたくに用意されていて、都内ではお目にかかれない雰囲気です。

加賀美:館は4層構造で、各フロアのテラスが波形に張り出しています。このテラスを歩くだけでも、日常生活を忘れられます。

この続きを読むには…
残り1102⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら