ファッション

「ニナ リッチ」のデザイナー夫婦が退任 今後は自身のブランド「ボッター」に専念

 「ニナ リッチ(NINA RICCI)」のルシェミー・ボッター(Rushemy Botter)とリジー・ヘレブラー(Lisi Herrebrugh)=アーティスティック・ディレクターが、3年半の任期を経て退任する。ラストコレクションは、先週発表した2022年プレ・フォール・コレクション。今後は2人で手掛けるメンズブランド「ボッター(BOTTER)」に専念するとみられる。

 公私ともにパートナーである2人は、18年のイエール国際モードフェスティバルでグランプリを獲得し、LVMHプライズのファイナリストに選ばれた後、同年8月にギョーム・アンリ(Guillaume Henry)の後任として現職に就任。オランダのキュラソー島出身のボッターとドミニカ共和国の島で育ったヘレブラーという2人のルーツにあるカリブ海のインスピレーションや鮮やかな色使い、得意とするテーラリング、遊び心あるキャッチーなデザインを取り入れ、「ニナ リッチ」にフレッシュでモダンなイメージをもたらした。

 ボッターとヘレブラーは、「『ニナ リッチ』と(親会社である)プーチの信頼、そして、情熱あふれるチームの仕事とサポートに感謝している。また、このアイコニックなメゾンに私たちのクリエイティビティーを注ぐことができたことを誇りに思う。エキサイティングな時期を迎えている今、さらなる高みを目指すために『ボッター』に全力を注ぐべきときだと感じている」とコメントしている。

 同ブランドは昨春、価格帯を見直すとともにデジタルファースト戦略にシフトし、パリのモンテーニュ通り39番地にあった由緒ある旗艦店を閉店。昨年9月にはシャルロット・タセット(Charlotte Tasset)最高経営責任者が退任した。現在は、フランスのル・ボン・マルシェやプランタン、アメリカのバーグドルフ・グッドマンやニーマン・マーカス、日本の伊勢丹、中国のレーン・クロフォードやジョイスなど世界約80店で販売されているほか、ネッタポルテやファーフェッチなどのECサイトでも取り扱われている。なお、日本ではグルッポタナカが総代理店を務めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら