ファッション

グルッポタナカが「ニナ リッチ」の販売権取得

 グルッポタナカが「ニナ リッチ(NINA RICCI)」の国内販売権を取得した。2019年プレ・フォールから取り扱いを開始する。独占輸入販売権は伊藤忠商事が有している。2019年春夏まではコロネットを通じて販売している。

 同ブランドは、18年3月にアーティスティック・ディレクターのギョーム・アンリ(Guillaume Henry)が退任。8月には「ボッター(BOTTER)」を手掛けるデザイナーデュオ、ルシェミー・ボッター(Rushemy Botter)とリジー・ヘレブラー(Lisi Herrebrugh)の2人を同職に任命していた。新体制下でのコレクションは、19年1月にパリで発表される19年プレ・フォールでお披露目となる。

 「ボッター」は18年4月に開催されたイエール国際モードフェスティバル(Hyeres International Festival of Fashion and Photography)でファッション部門のグランプリを獲得。18年「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ」でもファイナリストに選ばれた注目の若手デュオだ。

 販売権を取得した理由について田中伸幸グルッポタナカ社長は、「フランス本社のマネージメントも新体制となりそのビジョンに共感している。ジェンダーレスな視点を持つ若い2人のデザイナーが表現するフェミニニティーにも期待したい」と話している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら