ビューティ

「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」 リップ部門1位は「ディオール」や「ケイト」

 「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」を発表!「WWDJAPAN」は、 百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストア・ECで2021年下半期(5~10月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店・セミセルフショップ「リップ」部門の総合1位は、「ディオール(DIOR)」の“ディオール アディクト リップ マキシマイザー”。バイヤーは「縦じわをなくし、ふっくらとした唇に導いてくれるとの声が多い」と話す。2位は、「シャネル(CHANEL)」の“ルージュ ココ ボーム”。3位は「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」の“ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ウォーターステイン”だった。

 新製品も「ディオール(DIOR)」が首位を獲得し、“アディクト リップ グロウ”がランクイン。バイヤーの「マスクに付きにくく、トリートメント効果が高い」との言葉から、昨年から続くコロナ禍の影響が色濃く映し出されているのがわかる。2位は、「スック(SUQQU)」の“シアーマット リップスティック”。3位は「アディクション(ADDICTION)」の“ザ マット リップ リキッド”と国産ブランドの健闘が目を引いた。

 バラエティー・ドラッグストア・EC「リップ」部門の総合1位は、「ケイト(KATE)」の“リップモンスター(05)”。バイヤーは「マスクをしても落ちない口紅として話題だったことに加え、唇が乾燥しないことも多くの支持を得た」との見解を示す。2位は「ロムアンド(ROM&ND)」の“ジューシーラスティングティント(13)”。「オペラ(OPERA)」の“リップティント N(09テラコッタ)”と「リカフロッシュ(RICAFROSH)」の“ジューシィリブティント(06ルーブラウン)”が同率で3位だった。

 新製品の首位も「ケイト(KATE)」の“リップモンスター (05)”、そして「セザンヌ(CEZANNE)」の“ウォータリーティントリップ 05”だった。後者についてバイヤーは「濡れたような艶が持続するティントタイプのリップは今期も人気だった」とコメント。3位は「オペラ(OPERA)」“リップティント N (11フィグ)”、で、みずみずしい質感とカラーをキーとするアイテムが並ぶ結果となった。(価格は全て税込)






TEXT : AKIRA WATANABE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。