ビューティ

「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」 リップ部門1位は「ディオール」や「ケイト」

 「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」を発表!「WWDJAPAN」は、 百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストア・ECで2021年下半期(5~10月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店・セミセルフショップ「リップ」部門の総合1位は、「ディオール(DIOR)」の“ディオール アディクト リップ マキシマイザー”。バイヤーは「縦じわをなくし、ふっくらとした唇に導いてくれるとの声が多い」と話す。2位は、「シャネル(CHANEL)」の“ルージュ ココ ボーム”。3位は「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」の“ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ ウォーターステイン”だった。

 新製品も「ディオール(DIOR)」が首位を獲得し、“アディクト リップ グロウ”がランクイン。バイヤーの「マスクに付きにくく、トリートメント効果が高い」との言葉から、昨年から続くコロナ禍の影響が色濃く映し出されているのがわかる。2位は、「スック(SUQQU)」の“シアーマット リップスティック”。3位は「アディクション(ADDICTION)」の“ザ マット リップ リキッド”と国産ブランドの健闘が目を引いた。

 バラエティー・ドラッグストア・EC「リップ」部門の総合1位は、「ケイト(KATE)」の“リップモンスター(05)”。バイヤーは「マスクをしても落ちない口紅として話題だったことに加え、唇が乾燥しないことも多くの支持を得た」との見解を示す。2位は「ロムアンド(ROM&ND)」の“ジューシーラスティングティント(13)”。「オペラ(OPERA)」の“リップティント N(09テラコッタ)”と「リカフロッシュ(RICAFROSH)」の“ジューシィリブティント(06ルーブラウン)”が同率で3位だった。

 新製品の首位も「ケイト(KATE)」の“リップモンスター (05)”、そして「セザンヌ(CEZANNE)」の“ウォータリーティントリップ 05”だった。後者についてバイヤーは「濡れたような艶が持続するティントタイプのリップは今期も人気だった」とコメント。3位は「オペラ(OPERA)」“リップティント N (11フィグ)”、で、みずみずしい質感とカラーをキーとするアイテムが並ぶ結果となった。(価格は全て税込)






TEXT : AKIRA WATANABE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら