ビューティ

デンマーク発インテリア「フリッツ・ハンセン」と幻のナチュールワイン、「グート・オッガウ」がコラボ アート作品を青山本店に展示

 デンマーク発インテリア「フリッツ・ハンセン(FRITZ HANSEN)」は、オーストリアのナチュールワイナリー「グート・オッガウ(GUT OGGAU)」とコラボレーションして制作したアート作品を東京・外苑前のフリッツ・ハンセン東京で展示している。

 アート作品は、アルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)がデザインした名作“グランプリ”チェア“4脚をキャンバスに「グート・オッガウ」の赤ワインで彩ったものだ。脚部の先端にはワインのコルクを包むろうが施されている。アート作品の背景には、「グート・オッガウ」のワイナリーや制作の様子を捉えたフィルムが流され、幻想的な雰囲気を醸し出している。

 「グート・オッガウ」は2007年に創業以来、ナチュールワインの造り手法であるバイオダイナミック農法により土壌とぶどうを管理し、そのテロワール(ぶどう畑)を体現するワインを提供し続けている。オリジナリティーあふれる似顔顔が描かれたエチケットが特徴。

 ナチュールワイン好きに大人気で、ウェブサイトでも常に売り切れで、なかなか実際にお目にかかることのない幻のワインだ。今回のコラボを記念して「グート・オッガウ」は、世界限定120本で“グランプリ”チェアが描かれた特別なワインを提供。そのワインに使用されているぶどうの種類やブレンドなどについては秘密だという。

 デンマークを代表するインテリア「フリッツ・ハンセン」とオーストリアのワイナリー「グート・オッガウ」の展示は、12月23日まで。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら