ファッション

デンマーク発家具「フリッツ・ハンセン」の日本トップに女性 ブランドマネジャーが昇格

 デンマーク発家具「フリッツ・ハンセン(FRITZ HANSEN)」の日本支社長に1月20日、ブランドマネジャーの相澤真諭子が昇格した。2016年夏以来、日本支社長は不在で、ダリオ・ライシェル(Dario Reicherl)フリッツ・ハンセン・アジア地区最高経営責任者(CEO)が日本市場を統括してきた。

 相澤支社長は06年にフリッツ・ハンセン入社。PR、マーケティングなどを経て、16年以降はブランドマネジャーとして日本市場における人事や予算管理などを行なってきた。相澤支社長は、「タイトルが変わったが、今までの業務と大きな違いはない。今まで、チームの関係性構築に注力し、誰もが自由に発言できる働きやすい環境を作ってきた。デンマーク本社のカンファレンスにも、全員で参加する。少数精鋭のチームで一人一人が担当分野のプロフェッショナルでブランドアンバサダーだ」とコメントしている。「ホワイトマウンテニアリンング(WHITE MOUNTAINEERING)」の相澤陽介デザイナーは相澤支社長の兄だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら