ビジネス

北欧名作家具「フリッツ・ハンセン」の本国社長が交代 新社長は「ヴィトラ」出身

 北欧名作家具ブランド「フリッツ・ハンセン(FRITZ HANSEN)」のデンマーク本社の社長が昨年末に交代した。ヤコブ・ホルム(Jacob Holm)前社長の退任に伴い、ジョセフ・カイザー(Josef Kaiser)が新社長に就任。ホルム前社長は22年間同職を務め、家具だけでなく照明やアクセサリー小物などもコレクションに加え、「フリッツ・ハンセン」をグローバルブランドに成長させた。今後は役員として同ブランドのコンサルティングを行う。

 カイザー社長はスイス人で、前職はスイス発の家具ブランド「ヴィトラ(VITRA)」でアメリカの販売部門責任者を経て最高販売責任者を務めた。

 日本をはじめ韓国や中国などのアジア地区は、ダリオ・ライシェル(Dario Reicherl)最高経営責任者が引き続き経営を行う。

 「フリッツ・ハンセン」はデンマークを代表する建築家のアルネ・ヤコブセン(Arne Jacobsen)やデザイナーのポール・ケアホルム(Poul Kjaerholm)による名作家具をはじめ、スペイン人デザイナーのハイメ・アジョン(Jaime Hayon)などが手掛けた家具やインテリア小物を販売して いる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら