ビューティ

「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」 ボディーケア部門1位は「ディオール」や「デオコ」

  「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」を発表! 「WWDJAPAN」は、 百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストア・ECで2021年下半期(5~10月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店・セミセルフショップ「ボディーケア」部門の総合は、「ディオール(DIOR)」の“ミス ディオール ハンド ジェル”の数量限定品が首位を獲得。2位は、「サボン(SABON)」が躍進し“ボディスクラブ”がランクイン。ブランドの人気作にバイヤーは、「角質ケアができる定番の製品で、特にやさしい香りの“デリケートジャスミン”が人気」と話す。3位は、上半期に続いてランクインした「シャネル(CHANEL)」の“ラ クレーム マン”だった。

 新製品も「ディオール(DIOR)」が首位。“ミス ディオール ハンド ジェル”が獲得した。バイヤーの「デイリー使いで、人気の香りを楽しみながら手を保湿できる」の話からも保湿だけでなく、ハンドクリームにおける香りの重要性を改めて感じさせる結果だ。2位は、「ロクシタン(L’OCCITANE)」の“オスマンサス ハンドクリーム”。3位は、「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」の“ジェルネトワイアンプールレマン”でハンドケア製品に人気が集まった。

 バラエティー・ドラッグストア・ECの「ボディーケア」部門の総合1位は、「デオコ(DEOCO)」“薬用ボディクレンズ”に決まった。今回のヒットについて、バイヤーは「人気の高い定番品だが、新たにシャンプーが発売されたことで再注目された」と分析。2位に「ハウス オブ ローゼ(HOUSE OF ROSE)」の“ボディ スムーザーN。票の割れた3位は、「カウブランド(COW BRAND)」“赤箱ビューティクリーム”、「キュレル(CUREL)」“ローション”、「ニベア(NIVEA)」の“プレミアムボディミルクホワイトニング”、「ネイチャーリパブリック(NATURE REPUBLIC)」の“スージング&モイスチャーアロエゲル”、「ピーチ・ジョン(PEACH JOHN)」の“ボムバストクリームリッチ”、「オルビス(ORBIS)」“クリアボディ スムースローション”の5製品が同率となった。

 新製品の首位は「ダイアン ビートゥルー(DIANE BE TRUE)」“ボディミルク リッチモイスチャー”。「90%以上の成分が天然由来で作られており、敏感肌の愛用者も多い」とバイヤーはコメント。2位は、総合3位の「カウブランド」の“赤箱ビューティクリーム)”、「ハウス オブ ローゼ」“ボディ スムーザー GA (青りんごの香り)”、「ミノン(MINON)」の“全身保湿ミルク”の3製品が同率。「カウブランド」は赤箱の香りボディークリーム。人気が不動のものや、高い知名度を誇るブランドのランクインはバラエティー・ドラッグストア・ECでも顕著だった。(価格は全て税込)

TEXT :AKIRA WATANABE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。