ビューティ

「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」 アイメイク部門1位は「アディクション」や「キャンメイク」

 「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」を発表!「WWDJAPAN」は、 百貨店・セミセルフショップ、バラエティー&ドラッグストア&ECで2021年下半期(5~10月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店総合1位は「アディクション(ADDICTION)」“ザ アイシャドウ”となった。「多彩な質感とカラーから、自分に合うものが見つけられる」との声。百貨店新製品1位は「スック(SUQQU)の“シグニチャーカラーアイズ”で、「マスク生活で、目元を印象的に見せたい方からの問い合わせが増えた」と評価された。

 ドラッグストア総合1位は「水橋保寿堂製薬」“エマ―キット”に決定。「伸びる、と口コミで評価されているまつげ美容液。高価格商品ながら人気に」とコメント。ドラッグストア新製品1位は「キャンメイク(CANMAKE)」“クイックラッシュカーラー ベイクドオレンジ”。「マスク蒸れで落ちやすいマスカラのカールもキープ。滲みにくく、落ちにくい。また748円というコスパの良さも圧倒的な支持を得ている」と評価する。アイパレットだけでなく、マスカラ、アイライナーも“マルチユース”を訴求するアイテムが上位という結果に。(価格は全て税込)

TEXT : AKIRA WATANABE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。