ビューティ

「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」 乳液・クリーム部門1位は「クレ・ド・ポー ボーテ」や「VT コスメティックス」

 「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」を発表! 「WWDJAPAN」は、 百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストア・ECで2021年下半期(5~10月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店・セミセルフショップ「乳液・クリーム」部門の総合1位は、上半期の同ランキング2位からアップした「クレ・ド・ポー ボーテ(CLE DE PEAU BEAUTE)」の“ラ・クレーム”。「マスク下のたるみに悩むラグジュアリー層からの需要が高かった」とはバイヤーの弁。2位は、「アルビオン(ALBION)」で“エクサージュホワイト ホワイトライズ ミルク”。3位は上半期もランクインした「クリニーク(CLINIQUE)」の“モイスチャーサージ ジェルクリーム 100H”という結果だった。

 新製品の1位は「アルビオン(ALBION)」の“アンフィネス ダーマ パンプ ミルク S”が獲得。バイヤーは「ハリが実感しやすく、保湿も感じられると人気」という。2位は、「ドゥ・ラ・メール(DE LA MER)」の“ザ・ハイドレイティング インフュージング エマルジョン”。3位は、「スック(SUQQU)」で、“アクフォンス リプレニッシング フルイド”だった。

 バラエティー・ドラッグストア・EC「乳液・クリーム」部門の総合1位は、「VT コスメティックス(VT COSMETICS)」“CICAクリーム”。バイヤーは、「シカアイテムの中でも断トツ人気のシカクリーム。さらっとした軽いテクスチャーで使いやすいのに保湿力も高いと人気」と述べ、その圧倒的な人気の高さが伺える。2位に「キュレル(CUREL)」の“潤浸保湿 フェイスクリーム”、3位は「ミノン アミノモイスト(MINON(R) AMINO MOIST)」“モイストチャージ ミルク”。センシティブに傾いた肌やバリア機能低下などに着目したアイテムが輝いた。

 新製品1位は「d プログラム(D PROGRAM)」“スキンリペアクリーム”が輝いた。2位は、「アルビオン(ALBION)」“アンフィネス ダーマ パンプ ミルク S”、「ザ・レチノタイム(THE RETINOTIME)」“リンクルモイストクリーム【医薬部外品】”、「なめらか本舗」“リンクルUV乳液”の3製品が同率という結果となった。百貨店・セミセルフの首位獲得に続きドラック・バラエティ・ECでも入賞の、人気の高さを見せつけた“アンフィネス ダーマ パンプ ミルク S”についてバイヤーは、「なじませたときの浸透力と、つけてすぐに実感できるうるおい感とハリ感が好評」と話す。(価格は全て税込)


TEXT : AKIRA WATANABE

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。