ビューティ

「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」 メンズコスメ部門1位は「シセイドウ メン」や「バルクオム」

 「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」を発表!「WWDJAPAN」は、百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストア・ECで2021年下半期(5~10月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店・セミセルフショップ総合1位は「シセイドウ メン(SHISEIDO MEN)」の“フェイス クレンザー”に決定。バイヤーからは「男性がスキンケアデビューする際は、ライン使いへの需要が高まっている」と評価された。新製品1位は「ディオール(DIOR)」“ソヴァージュ”で、「ギフトとして選ばれている」との声が上がった。

 ドラッグストア・バラエティーショップ・EC総合1位は「バルクオム(BULK HOMME)」の“ザ フェイスウォッシュ”。「俳優の木村拓哉さんを起用したプロモーションの効果が大きかった」とのコメントも上がった。新製品1位は「オーシャントリコ(OCEAN TRICO)」の“スキンローション”、「ブラックウルフ(BLACK WOLF)」の“プレミアム スカルプ シャンプー”、「ライジングウェーブ(RISINGWAVE)」の“ライジングウェーブ フリー ライトブルー オードトワレ”で同率だった。(価格は全て税込)

TEXT : MISA KOTAKE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。