ビューティ

「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」 メンズコスメ部門1位は「シセイドウ メン」や「バルクオム」

 「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」を発表!「WWDJAPAN」は、百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストア・ECで2021年下半期(5~10月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店・セミセルフショップ総合1位は「シセイドウ メン(SHISEIDO MEN)」の“フェイス クレンザー”に決定。バイヤーからは「男性がスキンケアデビューする際は、ライン使いへの需要が高まっている」と評価された。新製品1位は「ディオール(DIOR)」“ソヴァージュ”で、「ギフトとして選ばれている」との声が上がった。

 ドラッグストア・バラエティーショップ・EC総合1位は「バルクオム(BULK HOMME)」の“ザ フェイスウォッシュ”。「俳優の木村拓哉さんを起用したプロモーションの効果が大きかった」とのコメントも上がった。新製品1位は「オーシャントリコ(OCEAN TRICO)」の“スキンローション”、「ブラックウルフ(BLACK WOLF)」の“プレミアム スカルプ シャンプー”、「ライジングウェーブ(RISINGWAVE)」の“ライジングウェーブ フリー ライトブルー オードトワレ”で同率だった。(価格は全て税込)

TEXT : MISA KOTAKE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら