ビューティ

「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」 美容液部門1位は「ポーラ」や「オバジ」

 「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」を発表!「WWDJAPAN」は、 百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストア・ECで2021年下半期(5~10月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店・セミセルフショップ総合1位に輝いたのは「ポーラ(POLA)」“リンクルショット メディカル セラム N”。「目元美容やメイク品に注目が集まっている。同製品はシワ改善のパイオニア的存在で、新規顧客の獲得が増えた」と評価された。百貨店・セミセルフショップ新製品1位は「コスメデコルテ(DECORTE)」“リポソーム アドバンスト リペアセラム”となった。「朝晩使用で最大24時間保湿効果が持続できる美容液。9月にリニューアルして話題を醸成。店頭ではサンプリングや肌体感で購買につながることも多い」とコメント。
 
 ドラッグストア・バラエティーショップ・EC総合1位は「オバジ(OBAGI)」“C25セラム ネオ”となった。「ピュアビタミンC配合の、毛穴からハリまで多角的にアプローチする美容液。効果実感のある顧客が多く、人気が衰えない」というコメントも。ドラッグストア・バラエティーショップ・EC新製品1位は「エリクシール(ELIXIR)」“スポットクリアセラム WT”。「エリクシールブランドで5000円を切る価格で、新規ユーザーを獲得した」との声。(価格は全て税込)

TEXT : MISA KOTAKE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。