ビューティ

「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」 美容液部門1位は「ポーラ」や「オバジ」

 「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」を発表!「WWDJAPAN」は、 百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストア・ECで2021年下半期(5~10月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店・セミセルフショップ総合1位に輝いたのは「ポーラ(POLA)」“リンクルショット メディカル セラム N”。「目元美容やメイク品に注目が集まっている。同製品はシワ改善のパイオニア的存在で、新規顧客の獲得が増えた」と評価された。百貨店・セミセルフショップ新製品1位は「コスメデコルテ(DECORTE)」“リポソーム アドバンスト リペアセラム”となった。「朝晩使用で最大24時間保湿効果が持続できる美容液。9月にリニューアルして話題を醸成。店頭ではサンプリングや肌体感で購買につながることも多い」とコメント。
 
 ドラッグストア・バラエティーショップ・EC総合1位は「オバジ(OBAGI)」“C25セラム ネオ”となった。「ピュアビタミンC配合の、毛穴からハリまで多角的にアプローチする美容液。効果実感のある顧客が多く、人気が衰えない」というコメントも。ドラッグストア・バラエティーショップ・EC新製品1位は「エリクシール(ELIXIR)」“スポットクリアセラム WT”。「エリクシールブランドで5000円を切る価格で、新規ユーザーを獲得した」との声。(価格は全て税込)

TEXT : MISA KOTAKE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら