ビューティ

「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」 スタイリング剤部門1位は「ジョンマスターオーガニック」や「ザ・プロダクト」

「WWDJAPAN 2021下半期ベストコスメ」を発表! 「WWDJAPAN」は、 百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストア・ECで2021年下半期(5~10月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

百貨店・セミセルフショップ「スタイリング剤」部門の総合1位は、「WWDビューティ ベストコスメ2020」スタイリング剤・総合部門3位から首位に躍り出た「ジョンマスターオーガニック(JOHN MASTERS ORGANICS)」の“R&Aヘアミルク N”。「ほどよい艶とまとまりが出ることに加え、香りも好評」とバイヤーの弁。2位は、「ダヴィネス(DAVINES)」で“オーセンティック オイル”。3位にも「ジョンマスターオーガニック」が入り、“ナチュラルバームヘアワックス”という結果になった。

新製品の1位には「ジルスチュアート(JILL STUART)」の“スタイリング ヘアバーム ホワイトフローラル”が輝いた。バイヤーの「華やかな香りでケアしながら艶のある仕上がりが好評」との話から、仕上がりだけでなく香りもスタイリング剤における重要な要素であることを示す。2位も「ジルスチュアート」で、“フレグランス グロススプレー ホワイトフローラル”がランクイン。3位は、「コスメデコルテ(DECORTE)」で、“AQ リプレニッシュ ヘアエッセンス”だった。

 バラエティー・ドラッグストア・ECのスタイリング剤部門の総合1位は、「ザ・プロダクト(PRODUCT)」“ヘアワックス”。バイヤーは、「高い機能性で美容師からエンドユーザーにまで人気が波及し、幅広い層で定番になった。毎日使うものだからこそナチュラルでシンプルなものを好む人が多く、ロングセラーアイテムとなっている」と話す。2位は「WWDビューティ ベストコスメ2020」に3期続けてランクインした「サイン(SIGN)」の“システミックオイル”。3位に「ダイアン(DIANE)」“パーフェクト ドライシャンプー”が入った。

 新製品1位は「フィーノ(FINO)」“プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアオイル”。バイヤーは「8月末発売だが、11月現在でも欠品することがあるほどの人気」とコメントし、高い支持を得ていることを裏付ける。2位は、「アルジェラン(ARGELAN)」“モイストグロー ヘアバーム”。3位は「ザ・プロダクト(PRODUCT)」の人気製品に限定デザインを施した“ヘアワックス ディズニー<ミッキーマウス>”がランクインした。(価格は全て税込)

TEXT : AKIRA WATANABE

 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら