ビューティ

「どこでもタッチポイント」の新しいカタチ2選【今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週は、非接触型の接客が定着しつつある中で、いかにヒューマンタッチを伝えるかについての話。

【賢者が選んだ注目ニュース】
画面越しに香りや感触をどう伝える? 「コスメデコルテ」オンライン専任美容部員の表現力
「オルビス」が初の移動型体験店舗 まずは千葉エリアから

 ファッション、ビューティを問わず、この2年ほど、これまでになく販売のあり方が問われたことはないだろう。AI、チャットといった人を介さない接客、非接触型のコミュニケーションが一通り模索された段階を経て、ヒューマンタッチをいかに伝えるかが現段階で最大のテーマになっていると感じる。

オンラインで最上級のおもてなしを

 コーセーがハイプレステージブランド「コスメデコルテ」で始めたオンラインカウンセリングサービス「コスメデコルテ パーソナルビューティ コンシェルジュ」には、コロナ禍以降に現れたさまざまなデジタル・リモートの仕組みが取り入れられている。オンラインで美容部員(BC)のスキルを遜色なく発揮できるプラットフォームを目指して作られた、現時点でかなりハイレベルなサービスといえる。

 スキンケアからベースメイク、ポイントメイクのテクニック指導まで幅広いカウンセリングメニューが用意されている中、最上位にあたる「ファーストデコルテ」はある意味採算度外視のような内容。予約者に対し、ほぼフルセットのスキンケアサンプルを事前に送付し、BCがマンツーマンで使い方のアドバイスを行うという至れり尽くせりぶりだ。サンプルは中心価格7000円の“リフトディメンション”ラインのほか、1万円を超える“AQ”ラインが選べる。「コスメデコルテ」は、来年で発売30周年を迎えるロングセラー美容液を大きく進化させた“リポソーム アドバンスト リペアセラム”が、9月16日の発売以来2週間で10万本を超える大ヒットを記録。美容メディアのベストコスメを総なめにする評価も得て、新客獲得に大きく拍車をかけている。リポソームをきっかけにブランドを訪れる新客に「ファーストデコルテ」を通じて質の高いカウンセリングを体験してもらおうという意図が伝わってくる。

この続きを読むには…
残り1158⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら