ビューティ

画面越しに香りや感触をどう伝える? 「コスメデコルテ」オンライン専任美容部員の表現力

有料会員限定記事

 新型コロナウイルスの影響で店頭を支える美容部員は、変化に対応すべく接客術を工夫し、新たな販売方法を模索している。「WWDJAPAN」11月8日号では、そんな苦難を乗り越え、コロナ禍でもブランドとお客さまを支えるファッション・ビューティの敏腕販売員を紹介する。

 9月16日にスタートしたコーセーのハイプレステージブランド「コスメデコルテ」のオンラインカウンセリングサービス「コスメデコルテ パーソナルビューティ コンシェルジュ」は、お客への新たな価値提供、そしてビューティコンサルタントの新たな働き方を目指し、専任のビューティコンサルタント(BC)が、お客と1対1のビデオカウンセリングで美容のアドバイスや肌に合った製品紹介を行う。業界でも珍しいオンライン専任のBCとして社内公募で選ばれた第1期生15人のうちの一人が冨永さんだ。

視覚と聴覚で嗅覚と触覚を補うクロスモーダルを活用

この続きを読むには…
残り1919⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら