ファッション

“遊び”を生かしたアドバイス力 「ザ・ノース・フェイス」と地域をつなぐ名物店長

有料会員限定記事

 長野県・白馬村は、3000m級の山々が連なる国内屈指のアウトドアフィールドだ。2015年にこの村に開業した「ザ・ノース・フェイス グラビティ ハクバ」は、山を一望するカフェや地域情報を扱うデスクも備え、アウトドア好きから観光客、地元民まで幅広い層が来店する。

 店長を務める井立信行さんは、18年に志願して東京から白馬にやってきた。学生時代から、スノーボードや釣り、マウンテンバイク、アルパインまであらゆる“遊び”に傾倒し、「今でも冬は朝4時に起きて、雪山を滑ってから出勤します」。この経験は接客にも生きている。「ウエアのレイヤリングやフィールドに合わせたギアの選び方など、客のニーズに合わせた細かなアドバイスが強みです」。

この続きを読むには…
残り267⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら