ビューティ

「ディオール」から千鳥格子をまとった限定アイテムが登場 

 「ディオール(DIOR)」は2022年1月1日、“ニュー ルック エディション”を発売する。クリスチャン ディオールが1947年に発表した“ニュールック”に登場し、ファッション界に旋風を巻き起こした千鳥格子のスーツに着想を得た限定デザインのアイテムをラインアップする。

 ピーター・フィリップス(Peter Philips)=ディオール メイクアップクリエイティブ&イメージ・ディレクターは千鳥格子を再解釈し、ブランドのアイコン製品であるリップスティックとクッションファンデーションのパッケージをデザインした。さらに、フレグランス コレクション“メゾン クリスチャン ディオール”からも千鳥格子をまとったアイテムが登場する。

 “ルージュ ディオール”(全6色、うち1色は店舗限定、各税込5940円)と“ルージュ ディオール バーム”(限定1色、税込5940円)はケースとリップスティックにも千鳥格子のデザインを施した。カラーは全ての女性と肌色を引き立てる“レッド999V ベルベット”や1947年のニュールックグレージュを一新した“100V ヌード ルック ベルベット”、深みのあるローズウッド“728 ニュー ローズ サテン”などをラインアップする。“ディオールスキン フォーエヴァー グロウ クッション” (全4色、各税込9130円)と“ディオールスキン フォーエヴァー クッション”(全4色、各税込9130円)はクチュールからインスピレーションを得て、コンパクトの中央にクリスチャン ディオールのロゴバンドをデザイン。日本人の肌色にマッチする“0N”“1N”“2N”と限定色のトーンアップ シェード“00”の全4色をそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「職種別DXのトリセツ」でDXを自分ごと化せよ!

WWDJAPAN」1月23日号は、毎年恒例のテック特集です。今年のテーマは“職種別DXのトリセツ“。DX(デジタル・トランスフォーメーション)と聞くと、システムやデータに携わる人が進めるもの、とイメージするかもしれませんが、一人一人が自分ごと化し、日々の業務を見直すことが、DXの本質です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。