ビューティ

「ディオール」から千鳥格子をまとった限定アイテムが登場 

 「ディオール(DIOR)」は2022年1月1日、“ニュー ルック エディション”を発売する。クリスチャン ディオールが1947年に発表した“ニュールック”に登場し、ファッション界に旋風を巻き起こした千鳥格子のスーツに着想を得た限定デザインのアイテムをラインアップする。

 ピーター・フィリップス(Peter Philips)=ディオール メイクアップクリエイティブ&イメージ・ディレクターは千鳥格子を再解釈し、ブランドのアイコン製品であるリップスティックとクッションファンデーションのパッケージをデザインした。さらに、フレグランス コレクション“メゾン クリスチャン ディオール”からも千鳥格子をまとったアイテムが登場する。

 “ルージュ ディオール”(全6色、うち1色は店舗限定、各税込5940円)と“ルージュ ディオール バーム”(限定1色、税込5940円)はケースとリップスティックにも千鳥格子のデザインを施した。カラーは全ての女性と肌色を引き立てる“レッド999V ベルベット”や1947年のニュールックグレージュを一新した“100V ヌード ルック ベルベット”、深みのあるローズウッド“728 ニュー ローズ サテン”などをラインアップする。“ディオールスキン フォーエヴァー グロウ クッション” (全4色、各税込9130円)と“ディオールスキン フォーエヴァー クッション”(全4色、各税込9130円)はクチュールからインスピレーションを得て、コンパクトの中央にクリスチャン ディオールのロゴバンドをデザイン。日本人の肌色にマッチする“0N”“1N”“2N”と限定色のトーンアップ シェード“00”の全4色をそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら