ビューティ

「RMK」の2022年春コスメはマルチユースのカラースティックが登場 1本で洗練されたワントーンメイクに

 「RMK」は2022年1月7日、春コレクション“スプリング ブレイズ(SPRING BLAZE)”を発売する。新製品の“カラースティック”のほか、アイシャドウ、リップ、マスカラ、ネイルの限定製品を展開する。

 新たに登場する“カラースティック”(全6色、各税込3300円)は、チーク、ハイライター、アイシャドウとマルチに使用できるアイテム。クリアな発色と上品な艶のある仕上がりで洗練されたワントーンメイクをかなえる。さらに、ぼかしやすいテクスチャーで肌なじみの良さと、さらりとしたベルベットのような仕上がりを両立する。カラーはどんな肌にもなじむ全6色をそろえた。

 そのほか、質感の異なる2色をセットにしたアイシャドウ“スプリングブレイズ デュオアイシャドウ”(限定2色、各税込4180円)、ひと塗りでボリュームのあるまつ毛に仕上げるマスカラ“ハイボリュームマスカラ”(限定2色、各税込3850円)、クリアな発色と滑らかな付け心地のマットリップ“リップスティック コンフォート マットフィットベルベット”(限定3色、各税込3850円)、“ネイルポリッシュ”(限定2色、各税込1650円)をラインアップする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら