ビューティ

「RMK」の2022年春コスメはマルチユースのカラースティックが登場 1本で洗練されたワントーンメイクに

 「RMK」は2022年1月7日、春コレクション“スプリング ブレイズ(SPRING BLAZE)”を発売する。新製品の“カラースティック”のほか、アイシャドウ、リップ、マスカラ、ネイルの限定製品を展開する。

 新たに登場する“カラースティック”(全6色、各税込3300円)は、チーク、ハイライター、アイシャドウとマルチに使用できるアイテム。クリアな発色と上品な艶のある仕上がりで洗練されたワントーンメイクをかなえる。さらに、ぼかしやすいテクスチャーで肌なじみの良さと、さらりとしたベルベットのような仕上がりを両立する。カラーはどんな肌にもなじむ全6色をそろえた。

 そのほか、質感の異なる2色をセットにしたアイシャドウ“スプリングブレイズ デュオアイシャドウ”(限定2色、各税込4180円)、ひと塗りでボリュームのあるまつ毛に仕上げるマスカラ“ハイボリュームマスカラ”(限定2色、各税込3850円)、クリアな発色と滑らかな付け心地のマットリップ“リップスティック コンフォート マットフィットベルベット”(限定3色、各税込3850円)、“ネイルポリッシュ”(限定2色、各税込1650円)をラインアップする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。