ビューティ

資生堂が保湿ケア“エッセンシャルイネルジャ”刷新 “アルティミューン”連動クリームに

 資生堂は2022年1月1日、世界88の国と地域で展開する「シセイドウ(SHISEIDO)」の保湿ケアシリーズ“エッセンシャルイネルジャ”をリニューアルする。ブランドを象徴する美容液“アルティミューン パワライジング コンセントレート Ⅲ”に次ぎ、“ザ ライフブラッド”(一人一人の美しさが解放され、絶え間なく更新され続けることを目指す資生堂が提案するビューティコンセプト)を取り入れた第2弾アイテムとなる。全国の百貨店を中心とした約380店と資生堂の総合美容サイト、ワタシプラスで発売する。

 “エッセンシャルイネルジャ”は神経科学に着目し「肌感度」にアプローチした新スキンケアラインとして18年に誕生。アッパーミレニアル世代(25~34歳)に向けた製品群として展開する。今回、スキンケアに保湿機能を求める消費者の声が多いことから、「肌の乾燥を根本から解決する方法を探索し、肌自らが持つ“うるおい産生力”に着目した」と渡邊恵美資生堂ジャパン シセイドウグループブランドマネージャーは語る。潤いの産生力を高めるには、良好な血液循環が鍵を握るとして、血管・血流研究をベースにした“ザ ライフブラッド”の考えに基づいてリニューアルする。

 クリーム2種“ハイドレーティング クリーム”(50g、税込7150円)、“ハイドレーティング デークリーム”(50g、税込7150円)には、独自に開発したREDヒアルロン酸GLを配合。美容成分がすみずみまで行き渡り、肌を潤いで満たして長時間キープする。「乾燥に悩む全ての人に新たな保湿体験を提供する」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら