ビューティ

宮脇咲良がコスメを初プロデュース 第一弾はリップティント

 化粧品の企画・開発・販売を手掛けるmano manoは、宮脇咲良がプロデュースするコスメブランド「クランバイモラク(CRAN BY MOLAK)」を立ち上げ、「ブルームジェリーティント」(全3色、各税込1680円)を公式オンラインショップで12月8日から発売する。12月22日からは、全国のロフトとプラザで順次販売を開始する。

 「クランバイモラク」は宮脇がイメージモデルを務めるカラーコンタクトブランド「モラク(MOLAK)」のコスメラインとして誕生。第一弾製品のリップティント「ブルームジェリーティント」は、唇に溶け込むテクスチャーで、みずみずしく軽い使用感が特徴だ。パーソナルカラーにとらわれず、しっくりと肌になじむトレンドカラー3色をラインアップする。

 宮脇は「ブランド名の『クラン』はラテン語とフランス語の可愛いと美しいという意味と、私の呼び名のクラを掛け合わせて作ったブランド名です。カラーは何回もサンプルチェックし、容器の触り心地やサイズ感、ブラシ、パッケージデザイン、配送時の梱包まで、全てにこだわって作りました。とっても可愛く仕上がりました」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら