ビューティ

宮脇咲良が「ケラスターゼ」ヘアケアシリーズの日本ミューズに

 パリ発のヘアケアブランド「ケラスターゼ(KERASTASE)」は、ハイトーンカラーヘアケア用シリーズ“ブロンドアブソリュ”のジャパンミューズに6月19日にHKT48を卒業する宮脇咲良を起用した。宮脇は6⽉9⽇発売の同シリーズ新ライン“シカエクストリーム”、8⽉4⽇発売の夜⽤美容液“セラム シカニュイ”の各種プロモーションに登場するほか、6⽉23⽇には宮脇公式インスタグラムでミューズ就任記念のインスタライブを開催する。

 “ブロンドアブソリュ”はハイトーンカラーヘアやブリーチヘアの悩みにアプローチするカラーケアシリーズ。IZ*ONE在籍時からハイトーンヘアを披露していた宮脇のセルフプロデュース力や存在感を評価し、今回の起用に至った。

 「以前から、『ケラスターゼ』をプライベートで愛⽤してきたので、ミューズに就任できたことを光栄に思います」という宮脇は、「髪は、⾃分らしさや作品の世界観を表現する⼤切な部分です。特にハイトーンは私にとって特別なヘアカラーです。何かに挑戦するときにハイトーンカラーにすると決意が湧いて新しい⾃分を⾒つけた気持ちになります」とコメントを寄せている。

 6⽉9⽇発売の“シカエクストリーム”はスキンケア発想の保湿成分を配合し、ブリーチを繰り返し傷んだ髪を健康的な状態に導く新ライン。ブランド初のクリーム状シャンプー“バン シカエクストリーム”(200mL、税込4070円)、集中トリートメントの“マスク シカエクストリーム”(200mL、同6380円)、スタイリング時にドライヤーなどの熱から髪を守るヒートプロテクトヘアオイル“ユイル シカエクストリーム”(100mL、同4180円)をラインアップする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら