ビューティ

切れ毛に特化した「ケラスターゼ」の新ラインが誕生 頭皮と毛髪の両方にアプローチ

 パリ発のヘアケアブランド「ケラスターゼ(KERASTASE)」は、“切れ毛”にフォーカスした新ヘアケアライン「ジェネシス」を2月17日に発売する。頭皮や髪の状態で選ぶことができるシャンプー、トリートメント、洗い流さないトリートメントをそれぞれ2種類ずつ、全6アイテムをラインアップする。価格は3200〜5800円。(洗い流さないトリートメント「セラム フォーティファイ」のみ3月24日発売)

 「ジェネシス」はヘアフォール(切れ毛)を改善するために美容師と皮膚科医、栄養士の3つの視点から誕生したヘアケアライン。エイジングによる抜け毛(ヘアロス)とは異なり、髪自体が弱くなる“ヘアフォール”(切れ毛)は、ストレスやホルモンバランスの乱れ、スタイリング時の熱や摩擦、大気汚染や紫外線など、日々の内的・外的ストレスによって年齢や性別に関係なく誰にでも起こりうる。2019ロレアル調べ(Hair&UA)によると、15〜34歳日本女性の76%が抜け毛に悩み、抜け毛や切れ毛は若い女性の髪の悩みトップ10に入るという。「ジェネシス」はその原因を頭皮と毛髪の2つに見出し、両方にアプローチするデュアルアクションを採用。弱った毛髪を補強・補修し切れ毛による毛量の減少を防ぎ、艶を与えることで美しい髪へと導く。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら