ビューティ

植物由来色素100%の白髪用カラートリートメントが登場 低刺激で髪と頭皮に優しく白髪を染める

 化粧品ベンチャー企業のエヌアイエルは、ヘアケアブランド「スーナ」からオーガニック染毛成分の白髪用“スーナ カラートリートメント”(200mL、3800円)の予約販売を開始した。

 HC染料、塩基性染料不使用で、センシティブな頭皮や肌のために白髪染めを諦めていた人でも積極的に使える優しさがポイント。古来より日本で親しまれてきた、紫根からとれた希少な天然成分“シコニン”“クルクミン”“クェルセチン”の3つの植物由来色素に、有機化学の技術を掛け合わせて生まれた独自のアプローチを採用。

 低刺激にこだわり、頭皮に対して刺激のあるカチオン界面活性剤は使用していない。植物由来色素100%で、髪と頭皮に優しく白髪を染める。

 水溶性シコニンとケラチンをイオン結合させる独自の技術を用いることで、色素成分が素早くキューティクルの隙間に浸透し、短時間でしっかり染色でき、繰り返し使うことでさらに理想の髪色へと近づける。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら