ビューティ

香水ブランド「バイレード」から虹色のアイシャドウパレットが登場

 スウェーデン・ストックホルム発「バイレード(BYREDO)」は2月4日、伊勢丹新宿本店と阪急うめだ本店で新作のアイシャドウパレット“プリズミック アイシャドウ パレット”(1万2200円)を発売する。きらきらと光るコッパーレッドや柔らかなライラック、マットなグリーンなど鮮やかなカラーをさまざまな質感でそろえる。バラエティー豊かな18色はグランジからグラマラス、デイリーユースまであらゆるシーンのメイクアップを可能にする。

 「バイレード」は2006年にベン・ゴーラム(Ben Gorham)が立ち上げ、ニッチパフュームメゾンとして人気を集めてきた。創業者のベンがファッション業界との親交が深く、「オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)」や「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」などファッションブランドとのコラボも話題になった。香水のほかにもレザーグッズやサングラスを扱い、2020年に10月にはイサマヤ・フレンチ(Isamaya Ffrench)をリードにカラーメイクアップを発売。日本にはエストネーション(ESTNATION)やビオトープ(BIOTOP)などで扱いがあるほか、19年10月に伊勢丹新宿本店に、20年11月には阪急うめだ本店に直営店をオープンした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら