ビューティ

「ケイト」が公式ラインでメイク診断コンテンツが満載の「メイクアップ ラボ」を開設 

 グローバルメイクアップブランド「ケイト(KATE)」は、メイクアップを1to1でサポートするサービス「ケイト メイクアップ ラボ(KATE MAKEUP LAB.)」を、ライン公式アカウント内に開設した。これまで小顔印象や立体感のある顔に見せるなど、多くのメイク提案をしてきた同ブランドならではの視点を盛り込んだ“なりたい顔に変われる”メイクメソッドまでを習得できるメイク診断コンテンツだ。

 「ケイト スキャン」はスマートフォンで顔を読み取るだけで顔の特徴点を測る先端AI技術(パーフェクトのAIシステム「AI フェイストリビュート」)を採用した。顔の86か所を測定して黄金三角比率や5眼比率などのパーツ比率を測定。その数値をブランド独自のロジックで解析し、なりたい顔に変われるメイクメソッドを提案する。「ケイト サーチ」はスウォッチ動画やHOWTO動画、商品ごとにその人にあったメイクメソッドと色を選びすすめる。

 そのほか、人気アイテムがタイムリーにわかる「ランキング」やスマホを顔にかざすだけでバーチャルメイクが体験できる「バーチャルテスター」といったコンテンツも用意する。

 「ケイト」は21年秋には、店頭什器にスマホをかざすとAR技術により仕上がり画像が動き出す新機能 を開始予定で、実現すればその場ですぐに色味や質感を確認しながら、比較検討することができる。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら