ビューティ

米フレグランスファンデーションアワードが発表 初めてユニセックス部門を開設

 米フレグランス ファンデーション(FRAGRANCE FOUNDATION)は、2020年フレグランス ファンデーション アワードを発表した。今年はオンラインで発表し、自身の香水ブランドが受賞対象となったキム・カーダシアン(Kim Kardashian)やシェール(Cher)らも参加した。

 ウィメンズ・ラグジュアリー部門には「イヴ・サンローラン(YVES SAINT LAURENT)」の“リブレ オーデパルファム”、同プレステージ部門には「ランコム(LANCOME)」の“アイドル”、メンズ・ラグジュアリー部門には「ディオール(DIOR)」の“ソヴァージュ パルファン”、同プレステージ部門には「ジョン ヴァルヴェイトス」の“JV x NJ シルバー エディション”が受賞した。また、初めてユニバーサル(ユニセックス)部門を開設し、同部門のラグジュアリーには「バイレード(BYREDO)」の“サンデイズド、プレステージには「グッチ(GUCCI)」の“メモワール デュヌ オドゥール オードパルファム”が受賞した。そのほかポピュラー部門にはキム・カーダシアンの「KKW」が妹とコラボした“カイリー・ジェンナー バイ KKW フレグランス(ヌード)”、ホール・オブ・フェーム部門には「フレデリック マル(FREDERIC MALLE)」の“ムスク ラバジュール”が選ばれた。

全受賞作品一覧

【フレグランス・オブ・ザ・イヤー】
■ウィメンズ・ラグジュアリー
「イヴ・サンローラン」“リブレ オーデパルファム”

■ウィメンズ・プレステージ
「ランコム」“アイドル”

■メンズ・ラグジュアリー
「ディオール」“ソヴァージュ パルファン”

■メンズ・プレステージ
「ジョン ヴァルヴェイトス」“JV x NJ シルバー エディション”

■ユニバーサル・ラグジュアリー
「バイレード」“サンデイズド”

■ユニバーサル・プレステージ
「グッチ」“メモワール デュヌ オドゥール オードパルファム”

■ポピュラー(人気部門)
「KKW」“カイリー・ジェンナー バイ KKW フレグランス(ヌード)”

■ホール・オブ・フェーム(殿堂入り部門)
「フレデリック マル」の“ムスク ラバジュール”

■ブレークアウト・スター
「キャロリーナ ヘレラ」“グッドガール オードパルファム”

■バス&ボディーライン
「バイレード」“ローズ オブ ノー マンズ ランド”

■キャンドル&ホーム コレクション
「ディプティック」“34ホームコレクション”

■インディー
「トム ブラウン」“09.27.65 ベチバー アブソリュ”

■イノベーティブ
「コスタ ブラジル」“レジーナ ド ブル”

【パッケージ・オブ・ザ・イヤー】
■ウィメンズ
「コスモポリタン」“オー ドゥ ジュース ピュア シュガー”

■メンズ
「ドルチェ & ガッバーナ」“K”

■ユニバーサル
「グッチ」“ザ アルケミスト ガーデン(ジ・アイズ・オブ・ザ・タイガー)”

【メディアキャンペーン・オブ・ザ・イヤー】
■ウィメンズ
「グッチ」“ギルティ”

■メンズ
「パコ ラバンヌ」“1ミリオン”

【コンシューマー・チョイス・オブ・ザ・イヤ(一般投票部門)】
■ウィメンズ・プレステージ
「マーク ジェイコブス」“デイジー ラブ オー ソー スウィート”

■ウィメンズ・ポピュラー
「セント ビューティ」“シェール オー ドゥ クチュール ”

■メンズ
「ボス」“ボトルド インフィニット”

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら