ビューティ

フレグランス界のアカデミー賞、今年度は「トム フォード」が殿堂入り

 米ニューヨークのリンカーン・センター(Lincoln Center)で6月5日、アメリカ・フレグランス財団(Fragrance Foundation)が主催する「フレグランス・ファウンデーション・アワード(2013年にFiFi賞から名称変更)2019」の授賞式が開催された。今回はリンダ・レヴィ(Linda Levy)が17年に同財団の会長に就任してから2回目の授賞式となる。会場には美容関連企業の重役や調香師、モデル、インフルエンサーら900人あまりがつめかけた。同アワードは1973年に創設され、毎年6月に授賞式を開催している。フレグランス産業に貢献した人物やその年の最も優れた香水を選んで表彰するもので50年以上の歴史があり、フレグランス界のアカデミー賞とも称され、多くの消費者が関心を寄せるとともに世界の香水マーケットに影響を及ぼすアワードともいわれる。

 今年度は「トム フォード(TOM FORD)」がフレグランス財団殿堂入りを果たし、ゲームチェンジャー賞に「ネストフレグランス(NEST FRAGRANCE)」設立者のローラ・スラトキン(Laura Slatkin)、ライフタイムアチーブメント賞(特別功労賞)に調香師のドミニク・ロピオン(Dominique Ropion)が選出された。トム・フォードは、「香りは気分や体験をも変えうるもので、極めてシンプルに人生を豊かにしてくれる。私の人生における喜びの多くが香りから生まれたもので、嫌いな花などに出合ったことがない」と語った。

 「トム フォード」のほか、複数受賞した「シャネル(CHANEL)」「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」にとって喜ばしい夜となった一方で、フレグランス財団委員長のジェリー・ヴィットリア(Jerry Vittoria)は、米国でフレグランスの売り上げが減少していることについて言及し警鐘を鳴らした。「われわれは岐路に立っている。米国の多くの消費者が、情報の氾濫によって日に日に混乱を増しており、一部の人はフレグランスが危険なものであると思い込まされている。われわれは製品の安全性を伝え続けなければならない。自然原料も合成原料も含めて、モダン・フレグランスの全ての成分がサステイナブルなものであることを示すことでそれが可能になる。このことはわれわれのビジネスの持続的な成長のために基盤となるもので、今晩表彰されたあらゆる賞と同様に大切なものだ」と話した。

【フレグランス・オブ・ザ・イヤー 】

■ウィメンズ・ラグジュアリー
「トム フォード ロスト チェリー(Tom Ford Lost Cherry)」 調香師:ルイーズ・ターナー(Louise Turner)

■ウィメンズ・プレステージ
「ジョー マローン ロンドン ハニーサックル&ダバナ コロン(Jo Malone London Honeysuckle & Davana Cologne)」 調香師:アンヌ・フリポ(Anne Flipo)

■ウィメンズ・ポピュラー
「アリアナ・グランデ クラウド バイ アリアナ・グランデ(Ariana Grande Cloud)」 調香師:クレメント・ゲイヴァリー(Clement Gavarry)」

■メンズ・ラグジュアリー
「シャネル ブルー ドゥ シャネル パルファム(Chanel Bleu de Chanel Parfum)」 調香師:オリヴィエ・ポルジュ(Olivier Polge)

■メンズ・プレステージ
「ディオール ソヴァージュ オードゥ パルファン(Dior Sauvage Eau de Parfum)」 調香師:フランソワ・ドゥマシー(Francois Demachy)

【パッケージング・オブ・ザ・イヤー 】

■ウィメンズ
「シャネル No.5 リミテッド エディション オードゥ パルファム(Chanel No.5 Limited Edition Eau de Parfum)」

■メンズ
「ジョン ヴァルヴェイトス NJエディション(John Varvatos JVxNJ)」 パッケージングデザイナー:ジョン・ヴァルヴェイトス、ポール・マクラフリン(Paul McLaughlin)

【ホーム・コレクション・オブ・ザ・イヤー】

「ディプティック コレクション34(Diptyque 34 Collection)」 調香師:オリヴィエ・ぺシュー(Olivier Pescheux)

【パフューム・エクストラオーディネール】

「ア・ラボ・オン・ファイヤー ハルシノジェニック・パール(A Lab On Fire – Hallucinogenic Pearl)」 調香師:エミリー・コッパーマン(シムライズ、Emilie Coppermann)

【フレグランス・ホール・オブ・フェイム】

「ダナ キャラン カシミア ミスト(Donna Karan Cashmere Mist)」 調香師:ニコラス・カルデロン(Nicolas Calderon)

【メディア・キャンペーン・オブ・ザ・イヤー 】

■ウィメンズ
「イヴ・サンローラン ブラック オピウム オーデパルファム(YSL Black Opium Eau de Parfum)」

■メンズ
「シャネル ブルー ドゥ シャネル パルファム(Chanel Bleu de Chanel Parfum)」

【ソーシャル・メディア・キャンペーン・オブ・ザ・イヤー】

「マーク ジェイコブス デイジー ラブ(Marc Jacobs Daisy Love)」

【コンシューマー・チョイス(一般投票)】

■ウィメンズ・プレステージ
「マーク ジェイコブス デイジー ラブ(Marc Jacobs Daisy Love)」 調香師:アルベルト・モリヤス(Alberto Morillas)

■ウィメンズ・ポピュラー
「ヴィクトリアズ・シークレット・ティーズ レベル(Victoria’s Secret Tease Rebel)」 調香師:スティーヴン・ニルセン(Stephen Nilsen)

■メンズ
「パコ ラバンヌ ワン ミリオン ラッキー(Paco Rabanne 1 Million Lucky)」 調香師:ナタリー・セット(Nathalie Cetto)

■インフルエンサー
@jeremyfragrance

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。