ビジネス

アトモス本明社長と安住紳一郎さん エディターズレター(2021年8月4日配信分)

※この記事は2021年08月04日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

アトモス本明社長と安住紳一郎さん

 米フットロッカーによるアトモスの買収は、いろんな意味で「たまげた!」なニュースでした。アトモスの市場規模や市場価格、フットロッカーの審美眼、本明社長のビジネスセンス。なにより単純に一代、創業24年のスニーカーショップに400億円の値段がつくなんて、「夢がある!」って思うのです。

米フットロッカーがアトモスを約400億円で買収

 本明さんの取材については、リンクを貼った人気連載を担当する小池ライターには敵いませんが、わたしも何度かお話を伺ってきました。控えめに言って、「好き」です(笑)。「あのスニーカーだってバズらない」とか「デザインがまだダサい」などの言葉は、スニーカーへの愛、何より顧客への愛の賜物です。愛があるからこそ、思うところがある。愛があるからこそ、黙ってられない。そんな人は、(自分もそういうタイプのせいかw)嫌いになれないし、広いファッション業界に数人はいるべきだと思っています。

 本明さんの連載を読むたびに思い出すのは、TBSの安住紳一郎アナウンサーです。オリンピック特番しかり、秋からの情報番組しかり、押しも押されぬ売れっ子アナウンサーは、実は局長待遇。ただ「会社の言うことを聞いていたら、平均点しか取れない」と考えた彼は、入社当初から電話に出ない・ファクスを取らないなど破天荒だったと告白しています。でも、ちょっとした瞬間に滲み出るテレビ愛、そこでの実況愛が、破天荒な逸材をここまでの存在に押し上げました(もちろん、会社の懐も深いですw)。本明さんも似ているんじゃないかな?勝手に、そう思っています。

 安住さんは、特にラジオ番組ではなかなかにぶっちゃけ、ブラックボックスに覆われていた放送業界について開示し、だから波風を立たせます。本明さんも同じです。開示するから、波風が立つ。でもその波風がなければ、船は前に進みません。彼は、その原動力だと思うのです。

 Twitterで本明社長は、「これからはFootlocker の下で働く。馬鹿な私は、果たして義務を果たす事が出来るのだろうか?」と投稿しています。「あ、辞めないんだ」と一安心したワタシ。新たなステージでのご活躍を期待しつつ、同じようなタイプの人間として「我、どう生きるべきか?」を考える契機になりました。

FROM OUR INDUSTRY:ファッションとビューティ、関連する業界の注目トピックスをお届けする総合・包括的ニュースレターです。「WWDJAPAN Digital」が配信する記事から、特にプロが読むべき、最新ニュースや示唆に富むコラムなどをご紹介します。

エディターズレターとは?
「WWDJAPAN」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在8種類のテーマをお選びいただけます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら