ファッション

米フットロッカーがアトモスを約400億円で買収

 米国のスニーカー・スポーツウエア小売店のフットロッカー(FOOT LOCKER)は8月2日、スニーカー専門店アトモス(ATMOS)を展開するテクストトレーディングカンパニーを3億6000万ドル(約396億円)で買収すると発表した。取引は21年第3四半期に完了予定だ。

 アトモスは現在日本国内に39店舗、グローバルで49店舗を展開し、20年度は1億7500万ドル(約192億円)を売り上げた。そのうち60%はECによる売り上げだ。リチャード・A・ジョンソン(Richard A. Johnson)=フットロッカー会長兼最高経営責任者は「アトモスはデジタルに強みを持つブランドで、若年層およびスニーカーカルチャーに大きな影響を与える存在だ。今回の買収で急成長するアジアパシフィック市場事業を強化し、アトモスのさらなる成長を図る」とコメント。本明秀文アトモス社長は「アトモスは2000年に裏原宿で創業。スニーカーカルチャーへの愛と、顧客との強固なつながりによってここまで成長してきた。同じビジョンを持つフットロッカーと協業し、次なる成長のフェーズへ踏み出す」と意気込む。

 なお、フットロッカーは同日、米国西海岸をベースにするスポーツウエア小売店の「WSS」を手掛けるユーロスター(EUROSTAR)を7億5000万ドル(約825億円)で買収することも発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら