ファッション

ロンハーマンが「オーガニック バイ ジョンパトリック」と地産地消型のモノ作りを目指した新プロジェクト 豊島が協力

 ロンハーマン(RON HERMAN)は、ニューヨークを拠点とする「オーガニック バイ ジョンパトリック(ORGANIC BY JOHN PATRICK)」と連携した新プロジェクト「ザ ビューティフル(THE BEAUTIFUL)」を始動した。

 「オーガニック バイ ジョンパトリック」は2004年に誕生し、フェアトレードの素材を使用した、長く着られるシンプルで高品質の服を展開する。ロンハーマンでは10年に取り扱いをスタートした。

 今回の新プロジェクトでは、輸送にかかるコストや環境負荷を削減するため、デザイナーのジョン・パトリック(John Patrick)のデザインはそのままに、全て日本で製造する。素材は繊維商社の豊島の協力のもと、生産農場と紡績工場までさかのぼることができるトレーサブルオーガニックコットン糸「トゥルーコットン(TRUECOTTON)」や、廃棄食材を再利用した「フードテキスタイル(FOOD TEXTILE)」を採用。生産者の顔が見える素材で、地産地消型のモノ作りを目指す。

 アイテムはカーディガンやドレス、パンツ、スカート、スエットシャツなどで、価格帯は1万9800〜11万円。発売は8月28日を予定する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら