ビジネス

「ジンズ」最大施設が創業地・群馬県前橋にオープン 初のベーカリーカフェもお目見え

 眼鏡企業ジンズ(JINS)は、創業地である群⾺県前橋市に新施設「ジンズ パーク(JINS PARK)」を4⽉29 ⽇にオープンする。

 敷地面積は「ジンズ」の施設最大となる1720平方メートルで、施設名の通り、公園のように“みんなの場所”という思いを込めた。設計は、建築家の永⼭祐⼦。誰もが⾃由に使⽤できる屋外広場や、 エントランス中央の⼤階段や屋上テラスなど広々とした空間を複数設けることで地域との交流、共⽣を図る。

 さらに大きな特徴は、眼鏡ブランド「ジンズ」の販売はもちろん、飲⾷事業として新たに展開するベーカリーカフェ「エブリパン」を併設したことだ。“みんなが愛する味を、いつも出来⽴て、作り⽴てでお届けしたい”という思いをブランド名に込めた。メニューは 群⾺県産の⼩⻨や地元の新鮮な素材にこだわった総菜パンを中⼼に、定番の焼きたてパン「いつものパン」や、オーダーが⼊ってから調理を開始する「とくべつパン」など約60種類ある。価格は湯種食パン900円、パンドミ280円、かつパン960円、つなレモンサラダ630円など。なお、飲食事業の今後の展開は未定。

 田中仁ジンズCEOは2014年に個人で財団を設立し、地元の若い人材育成や老舗の白井屋旅館の再生プロジェクトに携わるなど、地域の活性化事業に積極的に取り組んでいる。「良い眼鏡とは、未来の景色を変えるものでないといけない。社内でも、社員1人1人が社会や地域のために何ができるかを考えている。今後は、サステナブルアクションを成長の力としたい」と話し、社内にサステナブル委員会を設置した。「ジンズ」の立ち上げ20周年で、故郷に錦を飾った。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら