ファッション

「セリーヌ」初のスイムウエアも ビーチコレクションを世界20店舗限定で発売

 「セリーヌ(CELINE)」は2021年春夏シーズンのカプセルコレクション“プラージュ(PLAGE)”を4月23日に発売する。

 世界20店舗限定の販売で、国内では「セリーヌ」伊勢丹新宿店、表参道店、銀座店で取り扱う。伊勢丹新宿店ではリニューアルオープンする14日に合わせ、一部商品を先行販売する。

 “プラージュ”はフランス語でビーチ(浜辺、砂浜)を意味し、名前の通りリゾートスタイルの夏らしいアイテムをそろえた。スイムウエアの発売は同ブランドで初めて。

 ビキニトップ(3万4000円)やビキニショーツ(2万8000円)、ビーチタオル(5万1000円~)、ドローストリングバッグ(12万5000円)、スクエアバッグ(19万5000円)、ビーチポンチョ(25万円)、サマードレス(39万5000円)などを用意する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。