ファッション

「セリーヌ オム」が最高すぎて撮影地まで行ってみた シャンボール城に“聖地巡礼”

 ファッション・ウイークがデジタル化されて1年が経ち、リアルのショーが恋しい今日この頃。2021-22年年秋冬シーズンもほぼ全てのブランドがデジタルで発表する中、印象に残っている映像がいくつかあります。特にフランスのシャンボール城を舞台にした「セリーヌ オム(CELINE HOMME)」の完成度は今のところ私的ナンバーワン!これまで新生「セリーヌ」について賛否両論だった現地フランスメディアからも高評価でした。コレクションもさることながら、小さなスマホのスクリーンでもダイナミックで美しいシャンボール城にはとにかく感動。アーティスティック、クリエイティブ&イメージディレクターのエディ・スリマン(Hedi Slimane)は10代の頃に城を訪れて魅了されたようで、私もエディの気分を理解するため「現地に行くしかない」という衝動のままに、シャンボール城に向かいました。

パリから車で2時間の名城エリアへ

 目的地は、私が住んでいるパリから車で約2時間のロワール地方にあります。この地域はフランスで一番長い川のロワール川が流れ、ルネサンス期に貴族たちが競うように建てた大小300以上の名城が点在しています。その中でシャンボール城は最大の規模。建設したのは当時の国王だったフランソワ1世。マリニャンの戦いでミラノに遠征中、イタリアのルネサンス芸術の素晴らしさに感銘を受けて、勝利した記念にルネサンス建築様式を取り入れた城をの建築を命じました。彼の権力の象徴を石に刻むことが目的であったため、居住用としてではなく、狩猟のための滞在先として着工したのが1519年です。またフランソワ1世は芸術に関心が高く、文芸の保護やイタリアの芸術家をフランスに招き入れた人物として知られており、フランス独自のルネサンス芸術を開花させた重要人物としても名を残しています。特にレオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)の才能に惚れ込み、シャンボール城の設計にも加えたといわれています。ダ・ヴィンチはイタリアからフランスへ渡って晩年の3年間をロワール地方で過ごしましたが、着工する前に亡くなっています。城の中にはダ・ヴィンチが考案したという2重のらせん階段があり、2つある登り口からそれぞれが登ると、途中で顔を合わすことがないというユニークな構造になっているのだとか。城の建設と芸術の発展に情熱を注いだフランソワ1世は、シャンボール城が完成する1547年に亡くなったため完成形は見ていません。であれば、私が見届けようじゃないですか!という意気込みで車中で予習をし、ようやく現地に着きました。

服の幾何学柄は城から着想?

 5440ヘクタールのヨーロッパ最大の森林公園に取り囲まれており、森を抜けた先に壮大な城が現れる演出で、一気に中世にタイムスリップした気分になりました。そういえば、「セリーヌ オム」の映像のBGMはザ・ルーム(THE LOOM)による“タイム スリップ(TIME SLIP)”でしたね。脳内でBGMが再生されながら気分も高まっていたのですが、なんと!新型コロナウイルスの影響で城内への入館は不可!ガーン。ただ、外観だけでも見応えたっぷりだったのです。シャンボール城は高さ56メートル、幅156×426メートルで、城内には暖炉が262もあるのだとか!そんなに使う!?維持するだけでも莫大な費用がかかりそうです……。

 モデルたちが歩いていた城壁のあたりには、見る角度によって表情が異なる複雑な装飾の塔やテラスがあり、何度も立ち止まって見入ってしまいました。当時の城にはこのような装飾はなく、“無骨な要塞”という城のイメージを覆したといわれているようです。他の城ではあまり見かけない丸やひし形の模様を眺めながら、ルックで登場した格子柄やフェアアイル柄はもしかしてこれがインスピレーションなのでは?と想像を膨らませていました。デニムベストの中に着ていたニットの柄は、ルネサンスを代表する直線と曲線を複雑に組み合わせた装飾とどこかシンパシーを感じます。

古きと新しきを衝突させた背景

 シャンボール城が建設された中世は芸術運動であるルネサンスが最盛期を迎え、中世から近代化へと向かった重要な時期でした。古いものと新しいものが衝突して社会が根本的に変化し、近代ヨーロッパが形成されていった大きな過渡期でした。やがて、古典主義を打破して自由な表現が生まれ始め、文芸運動やロマン主義が始まりました。まさに、今シーズンの「セリーヌ オム」とつながりませんか?異なる時代感やシルエットをぶつけて飽和気味のメンズファッションに新たな風を吹き込む――エディは激動の中世と現在を重ねて、個人を尊重する芸術であるロマン主義を現代風に表現し“ニュー・ロマンチック”を掲げたのかもしれません。騎士や1990年代風スケーター、スクールボーイにロマン主義のエッセンスを加えたスクエアシルエットのスタイルは、コレクションを通じて物語が語られているようでした。

 通常は城の敷地内や城内に入れて、乗馬もできます。だから映像冒頭の乗馬シーンを再現したり、上着のポケットに手を入れて城壁の通路を肩で風を切りながら歩いたりする“オムごっこ(『セリーヌ オム』ごっこ)”ができるのです!落ち着いたらまた再訪したい!リアルなショーを恋しく思いつつも、画面上で見た撮影舞台を実際に訪れてあれやこれやと思いを馳せる聖地巡礼的な楽しみは、デジタル時代の新たな発見でした。私たちが迎えているこの過渡期を乗り超えて、マスク無しで自由に撮影地巡礼の旅に行ける日がそう遠くないことを願っています。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら