ビジネス

「社内バイブル」を作るのは、今 エディターズレター(2020年10月9日配信分)

※この記事は2020年10月9日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

「社内バイブル」を作るのは、今

 ずっ~と考えつつ、一部の同僚には打ち明けながらも、日々の忙しさにかまけて(!?)、なかなか実現にいたっていない「夢」があります。

 社内限定の「WWDジャパン」です。

 ずっと手元に残したいので、コレはプリントメディアで、と思っています。台割、つまりページ別の中身も、勝手に決めています(笑)。表紙は、現メンバーの集合写真を素敵なフォトグラファーに撮影していただきたい。そのあと2ページは一旦白紙にして(笑)、弊社の社長・常務・幹部・スタッフインタビューを一気に掲載。続くのは、十人十色の業界人の叱咤激励。長年のファンから、「購読はしてないけれど、ウェブやSNSは見ています」くらいの人、時には「『WWDジャパン』、キライです」という方々までに取材して、「これからの『WWDジャパン』に期待すること」をまとめたいと思っています。で、一番最後に最初の2ページに戻って、ぜ~んぶの記事をみ~んなが読んだ後、全員で私たちのミッションを考え、それをドカンとまとめたいのです。いわゆる「社内バイブル」づくりですね。迷った時、意見が食い違った時、向かうべきゴールが見えなくなった時、「僕たちは、何のために『WWDジャパン』を作っているんだっけ?」と立ち返られる存在が欲しいのです。個々人がある程度自由に解釈できるミッションと存在意義の根本。それを形に、視覚化したいと思っています。下のリンクにある通り、立ち返られる歴史や遺産があるって、とっても大事なこと。歴史の浅いデジタルの人が、永遠に憧れるモノ。だから彼らは、「社内バイブル」を作ったり、ミッションを社外に声高に叫んだりしているのです。

 この「社内バイブル」については2、3年前、弊社の事業が多角化し、これまでとは違う世界から新しい人が来てくれるようになって以来、「作りたいなぁ」と思っています。が、特にここ1、2カ月は、「マジで作らなくちゃダメかも」って思っています。理由は、新型コロナ。感染拡大から半年が経過して、個々人イロイロ、本当にイロイロ考え、ストレスにも晒され、油断すると、組織がバラバラになりかねない危険性を体感するようになっているからです。

 こんな状況は、弊社に限らない話だと思います。皆さんの周りでも、一番苦しい時期をともに乗り越えたのに、別離の道を歩む同僚が少なからず存在することでしょう。社内は時々、ゴタゴタするようになりました。私の心も、正直不安定です。だからこそ、皆んなで立ち返ることができる「社内バイブル」が欲しい。みんなの想い、ユーザーの期待、そこから生まれる私たちの使命が可視化できる存在が欲しい。そうすれば組織として、この難局を乗り越え、成長し続けられるのでは?と思うのです。

 で、ココまでは、他の会社でもありそうな話(笑)。なので私は、そこからアイデアを拡張。この社内限定「WWDジャパン」は、販売・配布はしませんが、制作風景はコンテンツとして皆さんに公開したいと思っています。幹部のインタビューは、公開取材(受けてくれるかなw?)。スタッフインタビューは、ウェブにそのまんまアップ(笑)。最後の2ページを決める会議もオンラインで公開したり、段階を追って記事化して、校了の瞬間もカメラに収めたいと思っています。みんな、イヤがるかな?でも、この過程をコンテンツとして随所に覗く意志が発信できれば、ユーザーの皆さんとのエンゲージメントは、ますます高まっていくと思うのです。

 そう考えると「社内バイブル」のみならず、普段の編集会議とかも公開しちゃっていい時、ありそうですね(笑)。

FROM OUR INDUSTRY:ファッションとビューティ、関連する業界の注目トピックスをお届けする総合・包括的ニュースレターを週3回配信するメールマガジン。「WWD JAPAN.com」が配信する1日平均30本程度の記事から、特にプロが読むべき、最新ニュースや示唆に富むコラムなどをご紹介します。

エディターズレターとは?
「WWDジャパン」と「WWDビューティ」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在7種類のテーマをお選び頂けます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら