ファッション

「サカイ」が日本で見せたのは、原点のハイブリッドで手に入れた普遍性

 「サカイ(SACAI)」は10月7日、神奈川県小田原市の江の浦測候所で、2021年春夏のウィメンズ・コレクションを発表した。美しい夕焼けを狙って午後5時に開催したが、あいにくの雨模様。ゲストは約200人。アクリル製の1人用ブースを設けた。

 先立って夏に発表した21年春夏メンズと21年プレスプリングのウィメンズは、これまでの総決算のように、アーカイブの生地までハイブリッド。続く21年春夏は新章の幕開けの如く、再び「サカイ」のアイデンティティ、言い換えれば原点に立ち返った印象だ。「サカイ」を物語る、原点的スタイルはミリタリー。ファッション界の原点的アイテムは、白シャツとスーツ。そして柄の原点は、ボーダー。それらの王道を「サカイ」らしく自由奔放、大胆不敵にハイブリッドしてコレクションを作り上げる。ミリタリースタイルのスカートは、MA-1を上下ひっくり返して袖をもぎ取ってしまったよう。白シャツはクロップド丈のケープのように仕上げ、胸元から下だけ残したトレンチコートとドッキング。ボーダーは、模様に沿って大胆に切り刻み、新しい形を手に入れる。他のスタイルは多くない。色も柄も絞り込んだ。以前も見せたスタイルの、その時より前に進んだ「現在地」を見せようとしているかのようだ。

 ハイブリッドの手法と複雑さはいつもどおりだが、原点を思わせるシンプルなスタイル、アイテム、そして柄の中に取り入れるから、今季のコレクションからは「ベーシック」という印象さえ感じられる。原点のハイブリッドだから、ファッション業界がどんなに変わっても、「サカイ」がどう進化しても、変わることなく、愛し続けられる洋服だろう。ウィズコロナの時代には、そんな洋服がちょうど良い。フィナーレに流れたシャーデー(SADE)の「キス・オブ・ライフ」が、毎回、特別変わったことをし続けなくても良いことを訴えるかのようなクリエイションに心地よさを加えた。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら