ファッション

「サカイ」が日本で見せたのは、原点のハイブリッドで手に入れた普遍性

 「サカイ(SACAI)」は10月7日、神奈川県小田原市の江の浦測候所で、2021年春夏のウィメンズ・コレクションを発表した。美しい夕焼けを狙って午後5時に開催したが、あいにくの雨模様。ゲストは約200人。アクリル製の1人用ブースを設けた。

 先立って夏に発表した21年春夏メンズと21年プレスプリングのウィメンズは、これまでの総決算のように、アーカイブの生地までハイブリッド。続く21年春夏は新章の幕開けの如く、再び「サカイ」のアイデンティティ、言い換えれば原点に立ち返った印象だ。「サカイ」を物語る、原点的スタイルはミリタリー。ファッション界の原点的アイテムは、白シャツとスーツ。そして柄の原点は、ボーダー。それらの王道を「サカイ」らしく自由奔放、大胆不敵にハイブリッドしてコレクションを作り上げる。ミリタリースタイルのスカートは、MA-1を上下ひっくり返して袖をもぎ取ってしまったよう。白シャツはクロップド丈のケープのように仕上げ、胸元から下だけ残したトレンチコートとドッキング。ボーダーは、模様に沿って大胆に切り刻み、新しい形を手に入れる。他のスタイルは多くない。色も柄も絞り込んだ。以前も見せたスタイルの、その時より前に進んだ「現在地」を見せようとしているかのようだ。

 ハイブリッドの手法と複雑さはいつもどおりだが、原点を思わせるシンプルなスタイル、アイテム、そして柄の中に取り入れるから、今季のコレクションからは「ベーシック」という印象さえ感じられる。原点のハイブリッドだから、ファッション業界がどんなに変わっても、「サカイ」がどう進化しても、変わることなく、愛し続けられる洋服だろう。ウィズコロナの時代には、そんな洋服がちょうど良い。フィナーレに流れたシャーデー(SADE)の「キス・オブ・ライフ」が、毎回、特別変わったことをし続けなくても良いことを訴えるかのようなクリエイションに心地よさを加えた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

16人の編集長が語る「私たちがイベントに取り組む理由」、目指すは「イマーシブ メディア」【WWDBEAUTY付録:ヘアケアのプレミアム化が業界を変える】

11月27日発売の「WWDJAPAN」は、メディア特集です。 アフターコロナ時代を迎え、ファッションやビューティ業界では、イベントが百花繚乱。そんな業界に寄り添ってきたファッション&ビューティメディアも、この秋はイベントに積極的でした。今秋は、周年のお祝いから社会課題に対するアティチュードの発信まで、多くのメディアがほぼ毎週、全国各地でイベントを開催。かつては「マスメディア」と呼ばれていたにもかか…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。