ファッション

楽天のキーマンに直撃、「高級ブランドが楽天への出店を決めたワケ」

有料会員限定記事

 楽天は6日、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)傘下の「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」「フレッド(FRED)」「ケンゾー(KENZO)」の3ブランドが出店する「楽天ファッション・ラグジュアリー(RAKUTEN FASHION LUXURY}」を開設した。今後もコスメやアクセサリー、デザイナーズブランドを拡充していく。楽天は昨年10月に日本ファッションウィーク推進機構(JFW)の主催する東京コレクションの冠スポンサーに就任以来、矢継ぎ早にファッションカテゴリーの強化策を打ち出してきた。「楽天ファッション・ラグジュアリー(RAKUTEN FASHION LUXURY}」の開設は、その集大成であり、次のステージの第一歩とも言える。同事業の指揮を執る松村亮・楽天執行役員コマースカンパニーヴァイスプレジデントに聞いた。

この続きを読むには…
残り1225⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら