ファッション

「サカイ」がアレキサンダー・ジラードとのコラボアイテム発売 2020年秋冬コレクションで発表

 「サカイ(SACAI)」は2020年秋冬コレクションから、アメリカ人アーティストのアレキサンダー・ジラード(Alexander Girard)とのコラボアイテムを8月22日に発売する。「サカイ」直営店や取扱店で販売し、26日には公式オンラインストアでも取り扱う。

 コラボアイテムは、ジラードの代表作であるタイポグラフィーを用いたアートワークに、“SACAI”のロゴを加えて表現した。羅列したタイポグラフィーを表現するために四角に裁断した生地を使用し、「サカイ」のフィルターを通して、流動的で曲線を描く特徴的なシルエットの洋服に仕上げた。ウィメンズはドレス(9万8000円)やスカート(8万9000円)、バッグ(11万円)、ブーツ(16万円)をそろえ、メンズはジャケット(7万6000円)やシャツ(4万7000円)などを用意した。そのほかユニセックス展開のTシャツ(1万9000円)やパーカ(3万2000円)もラインアップする。

 1907年に米ニューヨークで生まれたジラードは、親交の深かったチャールズ・イームズ(Charles Eames)やジョージ・ネルソン(George Nelson)らとともにアメリカを中心としたミッドセンチュリー(1940〜60年代)のデザイン界をけん引した人物の一人だ。彼が最も注力したのはテキスタイルデザインで、明るく鮮やかな色彩の抽象的な幾何学模様を多数デザインし、現代においてもデザイン史に残る重要な仕事として評価されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら