ファッション

「ボッテガ・ヴェネタ」が2021年春をオンラインで発表 ロンドンのサドラーズウェルズ劇場を舞台に

 「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」は、 “サロン 01 ロンドン(Salon 01 London)”と題した2021年春コレクションを日本時間14日22時にオンライン上で発表する。

 同コレクションは10月9日にロンドンで関係者向けに限定的に披露された。会場はバレエやコンテンポラリーダンスで有名なサドラーズウェルズ劇場(Sadler's Wells Theatre)で、ダンスやアートに関心を持つクリエイティブ・ディレクターのダニエル・リー(Daniel Lee)が個人的な思い入れのある場所だという。

 公開されたティザー動画ではグリーンライトに照らされたランウエイが映し出されているほか、コレクションを着用したモデルたちがバックステージで待機する姿をとらえている。本編公開以降はブランドの公式サイトやSNSで視聴が可能だ。

 「ボッテガ・ヴェネタ」は9月にオンライン上で開催されたミラノ・ファッション・ウイークに参加せず、21年春夏コレクションのデジタル発表を見送っていた。同じケリンググループの「サンローラン(SAINT LAURENT)」も発表形式を再考し、既存のスケジュールにとらわれない方法での発表を予定してる。また「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は6日に21年秋コレクションをオンラインゲーム上で披露したばかりだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら