ファッション

「フェンディ」2016年春夏ミラノ・メンズ・コレクション

REPORT

夜露で煌くダーク・エレガンス

2016年春夏の「フェンディ」コレクションがイメージさせるのは、とある雨の夜。照明を受けて細かに光が拡散するランウエイは、雨に濡れた砂利が街のネオンを反射した夜道のように見える。コレクションは装飾を極力省き、ボリュームの強弱をつけたクリーン&コンフォートなスタイル。ダルブルーやブラウン、グレーといった、まるで秋冬のようなカラーパレットが中心だが、ほのかに煌くアクセントを盛り込むことで光をまとい、エレガントな男性像にまとめている。

リフレクトする様を描くアイデアは、レザーを自在に操るメゾンならではのテクニックが光る。一枚革のナッパレザーを丁寧になめしてツヤを出したり、得意とするニードルパンチで徐々に色が濃くなるカラーグラデーションを描いてコントラストをつけたり。ジャケットのパッチポケット部分やバックパックに施したステッチは、雨粒もしくは夜露がキラリと反射する様子をイメージ。細かなジオメトリック模様のセットアップには、サテンシルクのトップスをレイヤードした。視覚に訴えながら、ロマンチックなストーリーが広がるコレクションだ。アクセサリーでは、アイキャッチな“バッグバグズ”が揺れるバックパックを拡充した他、バックパック型のミニポーチも登場。スリッポンのアッパーにドレスシューズのラストをドッキングしたシューズなど、キュートやリラックスのムードも継続してメゾンの個性を際立たせている。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら