ファッション

「ジル・サンダー」2016年春夏ミラノ・メンズ・コレクション

REPORT

柔剛のコントラストでワークウエアがさらに進化

ロドルフォ・パリアルンガ=クリエイティブ・ディレクターによる「ジル・サンダー」のセカンド・コレクションは、“実用性を加味したモダンなワークウエア”というコンセプトをさらに深掘りし、デビュー戦に続く好発進を遂げた。肉厚な素材を多用し、力強いシルエットを印象付けた昨シーズンとは打って変わり、春夏は極薄のテキスタイルを使ったミニマルなシルエットで若々しい印象にシフト。ただそこには、フォルムと機能を融合させた「ジル・サンダー」らしい個性を生み出すたくさんのアイデアが潜んでいる。

キーマテリアルはパラシュートナイロンだ。風をはらんでふわりと広がるそのコートに合わせたのは、独特のツヤとハリを生み出したテクニカルキャンバスもしくはウールで仕立てたボトムス。堅くて丈夫なマテリアルでも、窮屈にはみえないコンフォートシルエットだ。コントラストは素材だけでなく、たとえば同素材のルックでも7分丈のスキニーパンツや半袖のシャツ、8分丈のコートといった緻密な計算によるシルエットバランスで、抑揚を加えている。シンプルなアイテムながら、バリエーション豊富な提案でコレクションに奥行きを持たせた。ロウデニムのセットアップに加えたカラーポケットやネームタグは、デザインのアクセントだけでなく機能性のあるワークウエアをさりげなく強調するアイデア。コンセプチュアルでありながら、実用性を意識したリアルクローズに着地している。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら