ファッション

「ヴェルサーチ」2016年春夏ミラノ・メンズ・コレクション

REPORT

贅沢なシルクをまとう砂漠の旅

2016年春夏シーズンから、スカーフのライセンス契約を終了してインハウスに集約させた「ヴェルサーチ」。それを記念し、会場にはアイコンであるグレカ模様やメドゥーサが描かれたシルクスカーフを吊るし、来場客たちの目を引いた。今季のテーマは“マラケシュの旅”。ランウエイに砂を敷き詰め、壁面には映画「アラビアのロレンス」に出てくるセリフ“No Man Needs Nothing(何も欲しがらない男性なんていない)”のメッセージを投影。前シーズンから継続するエレガントなテーラードに砂漠の色をのせ、エスニックのエッセンスを加えた。

 チョークストライプのスーツには、ひざ上丈のロングシャツ。ジャケットの裾から飛び出し、Iラインの縦長シルエットを強調する。ハードなナッパレザーのライダースにも、同トーンのロングカットソーをプラス。小紋柄とグルカ模様をミックスしたシルクのセットアップは、シルクスカーフのオマージュだろう。筋骨隆々の男クサさを強調するシルエットや強いプリントを美としたかつての「ヴェルサーチ」。そのゴージャス主義の頃と比べれば控えめで大人しくなった印象だが、一目で上質と分かる艶と光沢がたっぷりの高級素材を使ったテーラードを核としたことで、ぐっとリアルでウエアラブルなコレクションに進化している。

LOOK

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら