ファッション

LVMHとティファニー、訴訟合戦の経緯を追う

有料会員限定記事

 「私はティファニーを深く敬愛している」――LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトンのベルナール・アルノー会長兼最高経営責任者(CEO)は2019年11月末、米「WWD」の取材に応じて、こう語っていた。そこから1年足らず。162億ドル(約1兆7172億円)での買収というファッション業界史上最大の“婚約”は、破局を迎え、互いを訴え合う関係に陥ろうとしている。その経緯を追う。(この記事はWWDジャパン2020年9月21日号からの抜粋です)

 1837年創業のアメリカ随一のジュエリー企業、ティファニーは、ルイ・ヴィトンやディオール、フェンディ、ブルガリなどを抱え、すでに一大帝国を築いているLVMHにとっても非常に魅力的だった。

 まず、売上高44億ドル(約4664億円、2020年1月期)のジュエリー企業を手に入れることで、グループとして大きく拡大できる。ティファニーの歴史やさまざまな逸話、豊富なアーカイブ、ラグジュアリーなイメージと世界的な認知度の高さも大きな魅力。カルティエやヴァン クリーフ&アーペルなどを擁するコンパニー フィナンシエール リシュモンが優位を誇るジュエリー業界に大きな影響力を持てるようになる。

 さらに、アメリカ市場の獲得にもつながる。20年1月末現在、ティファニーはアメリカ大陸に124店を構える。映画「ティファニーで朝食を」でも憧れの場所として登場する5番街の本店(現在改装中)はニューヨークのランドマークだ。LVMHにとって課題となっているアメリカ市場攻略の重要な基盤になる。

この続きを読むには…
残り1880⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら