ファッション

LVMHとティファニー、訴訟合戦の経緯を追う

有料会員限定記事

 「私はティファニーを深く敬愛している」――LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトンのベルナール・アルノー会長兼最高経営責任者(CEO)は2019年11月末、米「WWD」の取材に応じて、こう語っていた。そこから1年足らず。162億ドル(約1兆7172億円)での買収というファッション業界史上最大の“婚約”は、破局を迎え、互いを訴え合う関係に陥ろうとしている。その経緯を追う。(この記事はWWDジャパン2020年9月21日号からの抜粋です)

 1837年創業のアメリカ随一のジュエリー企業、ティファニーは、ルイ・ヴィトンやディオール、フェンディ、ブルガリなどを抱え、すでに一大帝国を築いているLVMHにとっても非常に魅力的だった。

 まず、売上高44億ドル(約4664億円、2020年1月期)のジュエリー企業を手に入れることで、グループとして大きく拡大できる。ティファニーの歴史やさまざまな逸話、豊富なアーカイブ、ラグジュアリーなイメージと世界的な認知度の高さも大きな魅力。カルティエやヴァン クリーフ&アーペルなどを擁するコンパニー フィナンシエール リシュモンが優位を誇るジュエリー業界に大きな影響力を持てるようになる。

 さらに、アメリカ市場の獲得にもつながる。20年1月末現在、ティファニーはアメリカ大陸に124店を構える。映画「ティファニーで朝食を」でも憧れの場所として登場する5番街の本店(現在改装中)はニューヨークのランドマークだ。LVMHにとって課題となっているアメリカ市場攻略の重要な基盤になる。

この続きを読むには…
残り1880⽂字, 画像5枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら