ファッション

キム・ジョーンズが「フェンディ」ウィメンズのアーティスティック・ディレクターに 「ディオール」メンズは継続

 キム・ジョーンズ(Kim Jones)が「フェンディ(FENDI)」のウィメンズをデザインする。肩書はオートクチュール、レディ・トゥ・ウェア、およびファーのアーティスティック・ディレクターで、シルヴィア・ヴェントゥリーニ・フェンディ(Silvia Venturini Fendi)と協働する。また、「ディオール(DIOR)」のメンズ・アーティスティック・ディレクターは継続する。

 シルヴィアは、2019年2月にカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)の死後、単独で「フェンディ」のデザイナーを務めてきた。キムの「フェンディ」での初仕事は2021-22年秋冬ウィメンズコレクションで、21年2月のミラノ・ファッション・ウイークで発表する。

 キムは「格調高い2つのメゾンでデザイナーとして仕事ができることはとても名誉なことだ。『ディオール』メンズでの仕事を継続しながら『フェンディ』にも参加できることは最高の栄誉だ」とコメントしている。

YU HIRAKAWA:幼少期を米国で過ごし、大学卒業後に日本の大手法律事務所に7年半勤務。2017年から「WWDジャパン」の編集記者としてパリ・ファッション・ウイークや国内外のCEO・デザイナーへの取材を担当。同紙におけるファッションローの分野を開拓し、法分野の執筆も行う。19年6月からはフリーランスとしてファッション関連記事の執筆と法律事務所のPRマネージャーを兼務する。「WWDジャパン」で連載「ファッションロー相談所」を担当中

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら