ファッション

カニエ・ウェストが新たな商標「West Day Ever」を登録出願 アパレル分野での利用を狙う

 カニエ・ウェスト(Kanye West)が新たな商標「West Day Ever」を米特許商標庁に登録出願した。

 カニエは、同商標を複数のアパレル関連の区分で出願しており、それはTシャツやポロシャツ、カーディガン、ジャージー、ドレスシャツ、ジーンズ、クロップト丈のトップス、フーディー、ドレス、トラックスーツ、セーター、水着、ニット帽、キャップ、下着、靴など多岐にわたる。

 カニエは商標登録を出願した6月26日に、「ギャップ(GAP)」とコラボレーションした手頃な価格帯のアイテムを自身のブランド「イージー(YEEZY)」から販売すると発表し、同コラボについて自身の公式ツイッターに投稿した際にも「West Day Ever」という言葉をハッシュタグで加えている。

 また、カニエは6月2日にも「イージー」の商標をスキンケアやメイクアップ、フレグランス、パーソナルケアアイテムといった区分で新たに登録出願しており、ファッションだけでなくビューティ分野にも進出するものと見られている。

YU HIRAKAWA:幼少期を米国で過ごし、大学卒業後に日本の大手法律事務所に7年半勤務。2017年から「WWDジャパン」の編集記者としてパリ・ファッション・ウイークや国内外のCEO・デザイナーへの取材を担当。同紙におけるファッションローの分野を開拓し、法分野の執筆も行う。19年6月からはフリーランスとしてファッション関連記事の執筆と法律事務所のPRマネージャーを兼務する。「WWDジャパン」で連載「ファッションロー相談所」を担当中

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら